COVID-19

遠くの金持ちより、近くの縁者。

星野リゾートの星野佳路さんが、これらのホテル事業の展望し、 「今までは首都圏や海外からの観光客に地域の魅力をアピールしていたが、これからは地元の人たちが非日常を感じられる場が求められるのでは?」...
お薦めの本

ワクチンの製作過程とその種類/宮坂昌之「免疫力を強くする」

COVID-19の感染拡大がやや落ち着いたところで、ウイルスに続いて学んでおきたいのがワクチンについて。 山中伸弥教授のウェブサイトでも紹介されている、免疫学の宮坂昌之教授のブルーバックスがあった...
お薦めの本

たらいまわしの原点/磯田道史「無私の日本人」

「たらいまわし」という習慣はいつ頃からはじまったのか? 映画「殿、利息でござる!」の原作、磯田道史「無私の日本人」によると、戦国時代が終わり、武士の人数が有り余ったことに起因するようだ。 だから一...
お薦めの本

日銀前総裁のデフレに対する認識/白川方明「中央銀行」

なぜ中央銀行の独立性が脅かされるのか? それは民主主義の正規のプロセス外にある「非多数派機関」ゆえに、ポピュリストにとって仮想敵の要件を備えた格好の存在となってしまうから。という見解が、森田長太郎「...
お薦めの本

お気楽人間の遺伝子と脳の秘密?/エレーヌ・フォックス「脳科学は人格を変えられるか?」

軽やかに生きているように見えるがその秘訣は? そんな風に問われて過去にまとめた人生観を読み直した。 私の人生観(13/06/22) 意外にもいま振り返っても、追加・修正する必要がなくて上出来...
お薦めの本

ウイルス・細菌の関連書籍で、人間の思い上がりを再認識する。

ウイルスや細菌に関する本をいろいろ読んでいると、私たち人間の考え方は勝手だな、と痛感させられる。 COVID-19と戦う今は、ウイルスは敵だ!と思ってしまいがちだが、私たちがここまで進化するためにウ...
COVID-19

緊急事態宣言下のゴールデンウィークを終えて

3月中頃にはゴールデンウィーク明けには落ち着いているはず、と勝手な見通しを立てていたが、事態はより深刻なものだった。この2ヶ月間の雑感を書き留めておこう。 投資を楽しむ 3月の株価暴落のサーキット...
中国古典

風流は手の届く範囲にある/菜根譚・前集88、後集5

室町時代の「市中の山居」について先日まとめたが、似たような心得は同時代の中国で書かれた「菜根譚」にもあった。 静中の静は真静に非ず。動処に静にし得来たりて、わずかにこれ性天の真境なり。楽処の楽は...
日本の神様と昔話

ウイルスとの戦いは神頼み!は案外正しい?

AmazonのPrime Readingでたまたま見つけた 岡田能正「神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。」 を読んで、なんだか感染症対策につながるような…? と感じて...
COVID-19

なぜ「新型」コロナと呼び続けてしまうのか?

「COVID-19」と呼称があるのに、なぜ「新型コロナウイルス」と呼び続けるのだろう? コロナウイルスの「新型」なんて、これからも次々と現れるはずだから、「新型」を強調するのは思考停止を象徴している...
兼好法師「徒然草」

いまこそ「市中の山居」

示唆に富んだ人生訓がちりばめられた、パスカルの「パンセ」。 今ほどこの言葉が身にしみる時はない。 「人間の不幸というものは、みなただ一つのこと、すなわち、部屋の中に静かに休んでいられないことか...
お薦めの本

「経済」の語源は「経世済民」(世をおさめ、民をすくう)

松岡正剛の新刊「日本文化の核心」に、経済にまつわる言葉の語源が紹介されていて興味深い。 まずは「経済」。 この言葉はもともとは「経世済民」の省略語で、「経世」は荘子、「済民」は書経からとられたもの...
COVID-19

国家興亡や歴史の転換点を演出した感染症

感染症について学んでいると歴史が大きく動いた時、その裏側にはパンデミックが隠れていることが多いようだ。COVID-19はアメリカから中国へ覇権が移るきっかけとなるか? シルクロード交易によるウイルス...
日記と雑談

ウイルスに踊らされたチューリップ・バブル

チューリップ・バブル。17世紀のオランダで起きた世界で最初の経済バブルだ。 山内一也「ウイルスの意味論」を読み進めていると、このバブルにはウイルスが一役買っていたという。 かなり昔に読んだ本も...
お薦めの本

ゆらぐ生命の定義/山内一也「ウイルスの意味論」

ウイルス探求の三冊目。山内一也「ウイルスの意味論」。 前回読んだ中屋敷均「ウイルスは生きている」でも、ウイルス研究を通して、何を持って生きているとするのか?という見解が述べられていた。 本書では2...
お薦めの本

生とは何か?/中屋敷均「ウイルスは生きている」

中屋敷均「ウイルスは生きている」。 ウイルスと感染症について学びたい!と選んだうちのひとつ。同じ著者の本は「科学と非科学」に続いて2冊目だが、前回と同様に「生とは何か?」を考えさせられる内容だった。...
お薦めの本

1918~20年のスペイン風邪を学ぶ

1918~20年に多くの死者を出したインフルエンザによるパンデミック、「スペイン風邪」について、これまで下記から学んだことをいったんまとめ。 石弘之「感染症の世界史」(洋泉社・2014年→角川ソ...
お薦めの本

人間の移動が病気を拡散する/石弘之「感染症の世界史」

この機会にウイルスや感染症について学ぼうと思ったが、関連図書は図書館では貸出待ちで、Amazonでも在庫切れ。外出自粛ならば読書、という人が意外と多いようだ。こういうときに電子書籍は便利。 Kind...
食文化と美食探訪

8vs8の戦い。ヤマタノオロチに「やしおりのさけ」。

古事記や日本書紀の中でスサノオが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)と戦う際に、「八塩折酒(古事記)・八醞酒(日本書紀)」を用意したという記述がある。この「やしおりのさけ」とはなんぞや?というのを学んだのでメモ...
日記と雑談

「ホスピタリティ」と「おもてなし」は同じなのか?

「京大変人講座」の経営学者、山内裕氏の章で、「ホスピタリティ“hospitality”」の語源についての記述が目を引いた。 ラテン語の“hospes”がもとになっており、“hostis”と“pets...
タイトルとURLをコピーしました