基準は自分の内側に/モンテーニュ「エセー」

この記事は約2分で読めます。

年始から株高・円安で資産の増加ペースが不気味だ。
おそらく2024年1月の1ヶ月間は、24年間投資を続けてきて、
月次ベースでの増加割合・増加額ともに過去最高だと思う。

こんな時は投資と距離を置いて、古典と戯れるに限る。
暴落時に比べて欲しい企業がなかなか見つからず、時間がかかるしね。
なぜだか今はモンテーニュの「エセー」がしっくりくる。

「しょせんは偶発的な、自己の外部にある幸福は、われわれにとって快適であるかぎりにおいて利用すべきではあるとはいえ、それを自分の主要な土台にしてはいけない。」(孤独について)

足るを知る」難しさは、自分を他人と比較してしまうことが原因。
自分の中に確かな価値観がなければ、外側に行動基準を求めてしまう。
その結果、常に隣の芝は青く見えてしまい、幸せから遠ざかる…。

資産形成は「何歳までに金融資産をいくらに」とか、
「年間でこれぐらい増えたら嬉しい」とか決めておいた方がいい。
市場全体が上がっていることを理由に目標を変えていたらキリがない。

「勝ち負けに恬淡としている人は、つねに自分を失うことがない。むきにならず、熱くならないほどゲームを有利かつ確実に進められる。」(自分の意志を節約することについて)

世間は新NISAに湧いているが、今年に限って言えば、
ここから先はアメリカの長期国債やドルの定期金利で十分だ。

エセ- (2)
白水社
¥2,750(2024/04/24 05:32時点)
エセー 6
白水社
¥2,860(2024/04/23 18:46時点)

コメント