投資哲学を求めて

投資哲学を求めて

ベストアルバム後の投資の記事を編さん

「投資」をブログのメインテーマから外すことにしてから2年。 やめる!と宣言したのに、その後もたまに書き続けちゃった。 というわけで、ここ2年間に書いた投資関連の記事を 投資を楽しむ♪ ベストアルバム2005~2011 +α へ追加。 ...
投資哲学を求めて

株式投資の理想型~鎌倉投信の受益者総会にて

お金儲けのためだけの投資は空しい。 そう悟ってから、SRI、CSRレポート、ESG投資などに触れて、 どうすれば株式投資は社会貢献につながるのか? ここ数年、考え続けても明確な答えが得られることはなかった。 突き詰めると、私のお金は証券市場...
投資哲学を求めて

インデックス運用を盲目的に信じてはダメ

間に誰か入ると話は正しく伝わらないもの。ここは先手を打とう。 ということで、400日ぶりくらいの純粋な資産運用の小話を1つ。 まずは私が伝えたいポイントをまとめてしまうと。 私はインデックス運用を否定しているのではない! 「インデックス投...
投資哲学を求めて

哲学や物理学から投資理論を読み直す

投資を起点にはじまった思考の旅をここで振り返ってみる。 投資を追求すれば投資理論の土台とされる、 モダンポートフォリオ理論(MPT) 資本資産価格モデル(CAPM) を教え込まれるわけだが、私には納得できない白物だった。 こんなもの...
投資哲学を求めて

企業価値…「評価」? ただの「意見」ですから

私はただの個人投資家ではなく、投資好きがぶっ飛びすぎて(笑)、 会社相手に保有株式の買取価格を争う裁判までしてしまった変わり者。 その時の経験や学んだことを少しだけブログに書き残しているから、 ときどき相談の問い合わせを頂いて、年内にもう1...
電子出版・著作集

投資を楽しむ♪ ベストアルバム2005~2011 +α

資産運用に関しては書き尽くした感があり、5月末で純粋な投資のブログとしては終了。そこでこれまでに書いた1,000を超える記事の中から、これは!と思うものを60件ほど選んでみた。この内容なら、何年経っても色あせない、って自信があるものだけを。...
投資哲学を求めて

投資家のみなさまへ最後に伝えたいこと

「TAKE 1」の連続で、とても新鮮な気持ちになれた日々。また同じような瞬間に、出会うことができるかもしれない。でも、初めてのときにあったはずの、言葉には言い表せない大切な何か…あの場所には、もう二度と戻れないんだろうな。 「わが生涯いひ捨...
投資哲学を求めて

投資における10年の勘違い

株式投資において、経済や企業の分析そのものには、何の意味もない。このことをきちんと受け入れるまで、10年近いの歳月を要してしまった。20代前半からの10年。ほかにやるべきことが、たくさんあっただろうに… 投資の意志決定の際に、背中を押して欲...
投資哲学を求めて

株式投資で大事な5つのこと

世の中のことをもっと知りたい。その初心を忘れずに。 はじめの頃はお金のことなんてどうでもよかった。知的好奇心が、金銭欲にとって変わられないよう気をつけたい。資産運用を通じて何を学び、何を得ようとしているのか。自問したい。 投資リターンは人生...
投資哲学を求めて

コモディティ投資について雑談

今年は金の価格が下落しそうで、円高は続きそうな気がするから、様子を見ながら金のETFにでも投資してみようかな、と考えてみたり。 でも、基本的にコモディティ投資にはいまいち興味がわかない。 なぜか株式の時と違い、リターンが得られるかどうかより...
投資哲学を求めて

投資はやっぱりタイミングが大事だけど…

ニューヨークタイムズに面白い図を見つけた。縦軸にS&P500へ投資した年、横軸に投資資金を回収した年で、インフレを考慮して何%のリターンが得られたか?表にしたもの。↓の画像をクリックして該当記事に目を通してみて。英文短いから。 解釈...
投資哲学を求めて

投資も人間関係も、説明なんてできない

選んだり、選ばれたり、巡り合わせは偶然で、説明なんてできない。より強い想いや願いが、より良い縁に結びつくかどうかも、よく分からない。 株式投資における企業選びや売買のタイミング等も似たようなもの。結局のところ、利益をあげるための、たしかな法...
投資哲学を求めて

消費者の意志決定の95%は無意識で

ジェラルド・ザルトマン「心脳マーケティング」なる本を読んでいたら、表題のような研究結果があるそうな。(95対5の法則)これをふまえて著者は、マーケティングで使用されている理論には、下記6つの誤りがあると説いている。 消費者の思考プロセ...
投資哲学を求めて

ロマン派投資家?の株の買いかた

「カウンターゲーム」のとよぴ~さんに、当ブログの紹介文を書いていただいて、 「・・・暴落を空売りでヘッジするリアリストでもありクリスマスにJohnson & Johnsonを購入するロマンチストでもあります」 ロマンチストだなんて…...
投資哲学を求めて

個人投資家の心得・4

心得4. 基準は自分の内側に 自分の中にたしかな価値観がなければ、外側に基準を求めてしまうもの。誰かと比較して、もっとお金があれば幸せになれるのに、と考えてしまうと、いつまでたっても幸せになれない。お金が増えても人の中身は変わらないから。 ...
投資哲学を求めて

個人投資家の心得・3

心得3. 継続すること たくさんの学者や専門家がデータを持ち出して、様々な投資法を提案している。でも、投資手法で大事なことなんて、たった1つだけ。ただ継続すること。株式市場は、逃げ出す人から踏みとどまる人に、お金が移動する場所だと思う。 こ...
投資哲学を求めて

個人投資家の心得・2

心得2. 投資リターンは人生のオマケ これは長らくブログの副題に掲げ続けている、私のモットー。かつて私自身が「人生が投資リターンのオマケ」になってしまった反省から。 資産運用で得られるお金は、働いて得られる給料に比べれば、ちっぽけだ。また、...
投資哲学を求めて

個人投資家の心得

ここ2年くらいの私の頭の中(=ブログの内容)は、 お金と幸福の関係について考え続けて、自分の投資が社会の役に立っているんだ♪、と信じられる気持ちも投資リターンの一部では? 現在からちょこっと先の未来を探すんじゃなくて、過去から現在、そして...
投資哲学を求めて

予測は願望にすぎない

将来の業績予測をして、割引率を使って企業価値を求める。世の中の支持をそこそこ得ているものだから、たまに思い出したように、定跡に従ってみようと試みるけど、やっぱりなんだか気持ちが悪い。。。結局のところ、業績予測や市場予測をはじめ、○○予測と名...
投資哲学を求めて

投資理論はなぜ、モヤモヤするのか?

投資理論、特にファイナンスの分野の話題に、「なんか儲からなそうな話だねぇ~」とぼやくのが最近の口ぐせ。そう感じるのは、たぶん私が個人投資家で、金融機関で働く気がないから。つまり、バフェットからの手紙・2005年度版の"How to...