世界史の学び直しに「もういちど読む山川世界史プラス」

この記事は約2分で読めます。

人の記憶はあいまいだから、繰り返し学ぶしかない。
とはいえ何度も同じ本を読むのは飽きてしまう。

最近、国際情勢に不穏な動きが満載なので、
歴史的背景も踏まえて、未来を考え続けなければと、
世界史を現代史からさかのぼって学び直そうとしている。

高校時代に勉強していた頃から、
山川出版社の「詳説世界史研究」を愛用してきたが、
少し飽きてきて、なんかいいのないかな?と探してみたら、

  • 木村靖二、岸本美緒、小松久男 編「もういちど読む山川世界史プラス

というアジア編ヨーロッパ・アメリカ編の二分冊と出会った。
はじめは「もういちど読む山川世界史」は、
高校生の時ですら物足りなかった教科書ベースのやつでしょ?
と目もくれなかったが、先日ふと書店でまえがきを開いてみたら、

「『詳説世界史研究』は、政治史や国際関係史を軸に古代から現代までの世界を、オーソドックスな内容で、かつ最先端の研究成果に十分目配りした概説書です。ただそれだけに、どうしても厚くなり、自宅や図書館で読むならともかく、簡単に手にしにくいのは確かです。そこで、その内容を精査して簡易化し、ビジネスパーソンはじめ世界史に興味を持った読者が手に取り、読みやすいように再編集しました。」

ベースが「詳説世界史研究」なら、今回の学び直しはこれを使おう!

そしてこれを読みながら確認する年表は、

世界の政治、経済、科学、思想、文化が俯瞰できる逸品。
今から買うならPDF版もある。

書籍版は印刷の状態がイマイチで少し読みにくい。
PDFは検索ができるけど、タブレットでは俯瞰するのが難しく、
PCを起動して大きめのディスプレイで読まないといけない。
私は結局、両方持っているけど、どちらがいいかは使う人次第。

とりあえず今の私はこんな感じで勉強中。

もういちど読む 山川世界史 PLUS ヨーロッパ・アメリカ編
山川出版社
¥1,980(2024/02/22 05:38時点)

もういちど読む 山川世界史 PLUS アジア編
山川出版社
¥1,980(2024/02/22 05:38時点)

情報の歴史21: 象形文字から仮想現実まで
編集工学研究所
¥7,480(2024/02/22 05:38時点)

コメント