アメリカを学ぶための基本書「現代アメリカ政治経済入門」

この記事は約2分で読めます。

資産形成はアメリカ株にインデックス投資するだけでOK、
みたいな話をよく見聞きするし、
私の株式ポートフォリオも5~6割がアメリカ企業で占められている。

でもなぜそんなにもアメリカに期待をしているのか? 
そう問われたら、あなたはなんと答えるだろう?

「過去を振り返るとアメリカの株価はずっと右肩上がりだから」
という回答が最悪なのはよく分かる。何も考えていないから。

おそらく私たちの脳が規則性を望んでいるせいで、
今日真実であることは、明日も真実であると信じたくなる。
でも過去や現在に論理的解釈をつけてこだわっていると、
この世の無常や不確実性に振り回される日が必ずやってくる。

そもそも私たちにはまともに考える土台があるのだろうか? 
ふと気が付いたときに図書館で見つけたのが、

経済学部の大学生向けの教科書で、
アメリカの経済、政治、外交の三部構成となっている。

教科書だからか読んでいると眠くなる部分もあるが(笑)、
学びを深めるための参考文献やウェブサイトも紹介されていて、
アメリカの政治経済を学ぶための情報がギュッと詰まっている。

そしてこの本の一番のお薦めポイントは、
昨年2021年に約10年ぶりに全面改訂されたばかりだというところ。

これは手元に置いておきたい一冊だ。

現代アメリカ政治経済入門
ミネルヴァ書房
¥3,080(2022/09/29 15:24時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました