数学者、加藤文元氏の異分野対談「人と数学のあいだ」

この記事は約1分で読めます。

人と数学のあいだ

数学者、加藤文元氏と異分野の方との対談集。

  • 竹内薫氏(物理学・プログラミング)
  • 岩井圭也氏(小説)
  • 上野雄文氏(脳科学)
  • 川上量生氏(ビジネス)

といった面々との対談が収録されている。

こうした数学関連の本を読むといつも思うのだが、
数学は役に立ちすぎて、なんだか不気味な存在だ
見えないものを、見えるようにしてしまう魔術のような…

本書でもアインシュタインのこんな言葉が紹介されている。

「経験とは独立した思考の産物である数学が、実在の対象と、これほどうまく適合しうるのはなぜなのか?」

学問の範疇を超え、もはや言語と同レベルの存在なのに、
なぜか子どものうちに苦手と得意に仕分けされ、
その後の人生の可能性に幅が生まれてしまう。

中学・高校の教科書まで戻って問題を解こうとは思わないが、
時々、数学をテーマに扱った一般向けの書籍を手に取りたいものだ。

人と数学のあいだ
トランスビュー
¥1,980(2022/03/30 10:28時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました