日本企業に投資するなら長寿の同族企業?/ファミリービジネス白書2018

日本企業には自分の在任期間中だけなんとか乗り切れれば、
といったサラリーマン経営者が多いと揶揄されることがある。

私が投資している日本企業も11社のうち7社が創業家の経営者。
魅力的な企業を選ぼうとすると、自然とこうなってしまうのかも。

何か裏付けとなるデータはないかな?と探していて見つけた本が、
ファミリービジネス白書

実は上場企業のうち53%がファミリービジネス(同族企業)に該当し、
区分けをすると以下のようになるという。

日本株に投資すると半分はファミリービジネスになって当然。

しかし経営分析をすると財務面で明らかにファミリービジネスが優れている。

また上場企業を業歴の長い順に100社を並べると、うち40社がファミリービジネス。
これをプライム・ファミリービジネスと定義して、株価を分析すると以下の通り。

下落・上昇の両局面で高パフォーマンスとなかなか興味深い結果だ。
関心のある方はぜひこの白書を読んでみて。

コメント