気候変動を論じるときの5つの問い by ビル・ゲイツ

この記事は約1分で読めます。

ビル・ゲイツ「地球の未来のため僕が決断したことで紹介されている、
気候変動に関する情報を目にしたときの論点整理が分かりやすい。

  1. 排出量削減目標のトン数は、年間総排出量の510億トンの何パーセントにあたるのか?

  2. 温室効果ガスを排出する5つの活動すべてに解決策が必要でどの話をしているのか? その5つとは、ものをつくる、電気を使う、ものを育てる、移動する、冷やしたり暖めたりする。

  3. 発電容量の数字を目にしたら、「キロワット=家」「ギガワット=中規模都市」「100ギガワット以上=大きく豊かな国」をイメージする。

  4. エネルギーを生み出すために、どれだけの空間が必要になるのか?(石炭火力発電所と同じ量の電気をつくるのに、太陽光発電所では5~50倍、風力発電所では太陽光発電所の10倍の広さの土地が必要。)

  5. 化石燃料より高く付く追加費用は、中所得国が払える安さになっているか?

このうち2番目の5つの活動によって排出される温室効果ガスの量が、
それぞれ年間総排出量の何パーセントを占めるのかも頭に入れておきたい。

この分野の情報は、電気自動車の話題が一番多いのでビックリするよね。
ただしアメリカに限って算出すると、輸送が第一の原因になるという。

地球の未来のため僕が決断したこと
早川書房
¥2,420(2022/02/14 10:26時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました