ヨルゴス・カリス他「なぜ、脱成長なのか」

この記事は約1分で読めます。

長期で投資すれば必ずリターンが得られる、という考え方への疑問を、
進化論の曲解という回りくどい話で先日まとめた。

でも、もっと直接的な前提ひっくり返しが「脱成長」の思想。

人類の経済活動が地球の限界を超えてしまっているとも警告され、
とくに気候変動については、経済成長を止めないとどうにもならない? 
そして経済に急ブレーキをかけるという世界規模の予行演習が、
COVID-19によってもたらされたような、そんな時代の雰囲気。。。

投資家は脱成長の考え方を頭に入れておくべきだと思う。
コンパクトにまとまっていたのが、

「脱成長の思想と実践は、ふたつの切り口から方向転換を促す。ひとつは、物質使用量と市場取引の拡大を止めること。もうひとつは、成長なしでゆたかな生活を送ることのできる制度、人間関係、人を育てていくこと。このふたつは実質的に不可分だ。」

手っ取り早く全体像を掴むには、著者ヨルゴス・カリスの講演動画がオススメ。
今年1月に開催の総合地球環境学研究所のイベントに登壇している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました