社会的投資

文化で読む日本経済

古代日本は社会的投資の先進国家。だがその後は?

社会的投資の普及や研究を進める「ARUN Seed」の記事で、 日本の社会的インパクト投資は奈良時代から存在した?! ブログの過去記事を紹介してもらった。 この機会にその後考えたことを踏...
投資哲学を求めて

投資家が求める4つのリターン/「社会的インパクトとは何か」

日本でも社会的投資(社会に良いことをもらたす投資) への関心が高まるなか、こんな本が翻訳されたそうな。 ※翻訳関係者よりご提供いただきました マーク・J・エプスタイン、クリスティ・ユーザス「...
社会的投資

エコプロダクツ2014。株式投資への生かしかた。

昨日はお台場で開催中のエコプロダクツ2014へ。 まずは「モス山形」のブースへ。 地方の耕作放棄地でコケを栽培して、 都市部の建物の屋上や壁面を緑化する会社。 これが流行れば街全体が苔寺の西芳寺みたい...
社会的投資

投資家としての社会や地球の捉え方

よく勘違いされること。 SRIやESG投資の普及を図るNPOの運営に携わったり、 個人投資家としてCSRレポートに意見したりしていると… 「株式投資を通じてどんな社会問題や地球環境問題を解決されよう...
社会的投資

社会貢献型債券の償還分は環流するか?

「社会貢献型債券」またの名を「インパクト・インベストメント債券」。 日本では個人投資家向けに2008年から販売がはじまり、 私は2009年に「ワクチン債」、2010年に「みらいの地球債」へ投資。 そし...
社会的投資

世界で最も持続可能な100社・2009~2013

"World Economic Forum"の年次総会に合わせて発表される "Global 100 Most Sustainable Corporations in th...
社会的投資

主観と客観によるSRIの住み分け

はたして投資を客観的に語ることができるのか? 生物哲学者、ユクスキュルの「環世界」を例に以前も説明したけど、 認識できた現象や数字だけを抜き出しても主観的にしか語れない。 今まで触れてきたものの中から...
社会的投資

CSR活動への期待/ドラッカー「マネジメント」

CSR(Corporate Social Responsibility: 企業の社会的責任)。 これって結局、何を期待されているんだと思いますか? なんて三連休中の会話から。 まず勘違いしちゃいけない...
社会的投資

SRIのネガティブ&ポジティブ・スクリーニング

m@さんの「SRIファンドのスクリーニング手法別の動向」を読んで。 ネガティブ・スクリーニングのSRIファンドの成績がいいそうな。 ネガティブは「良くない企業」を投資対象から外すってこと。 SRI(S...
社会的投資

Kaien就労支援ファンドに出資。だって私も…

セキュリテ被災地応援ファンドの石渡商店に出資して以降、 ミュージック・セキュリティーズのファンドにビビッと来なかった。 でも「Kaien就労支援ファンド」はまさに私のためのファンドだ♪ 株式会社...
社会的投資

投資家の視点でCSRを編集する

CSR(Corporate Social Responsibility: 企業の社会的責任)について、 学んでもピンと来ない…、という声を受けてシンプルに編集してみよう。 ある程度普及すると専門家...
社会的投資

社会貢献って結局なんだ?-知性の限界を踏まえて

まもなく「リオ+20」と呼ばれる国際会議がはじまる。 1992年開催のリオデジャネイロでの地球サミットから20年。 このとき環境に関する重要な条約が提起されたことで有名。 国連気候変動枠組条約 生...
社会的投資

SRIファンド低迷の不都合な背景

社会的責任投資フォーラム発表のSRI市場残高で気になること。 2011年3月の「大和マイクロファイナンス」以降、新規ファンドがない! しかも日本株ファンドで10億円以上を集めたファンドに限ると、 20...
社会的投資

ESG投資のイメージと可能性

せっかく刺激を受けてきたから、久しぶりに投資の話をしよう。 ESG投資に関する私なりの見解を。 まずは基礎知識。 ”E”と”S”と”G”がそれぞれ何の略かというと、 環境(Environmenta...
社会的投資

緑に影ありグリーン債/曲がり角の社会貢献型債券・2

イギリスの経済誌 The Economist 10月29日号に”Climate bonds - A dull shade of green” ってコラムが載ってた。 今後、グリーン債の市場規模拡大には...
社会的投資

視野が狭いよワクチン債/曲がり角の社会貢献型債券

社会貢献型の外国債券に投資する個人投資家といえば…私?いつからかそんな立ち位置になり、取材を受け、記事になったりしたけど…今年も私の主張を正しく伝えてくれたメディアはなかったよ。自分で語るさ。 社会貢...
社会的投資

社会貢献関連の金融商品への投資

とある場で話した、表題のテーマにまつわる私の投資活動の歩み。 私が投資活動で社会を意識するようになったのは、2008年の春のこと。坂本光司「日本でいちばん大切にしたい会社」との出会いがきっかけ。それま...
社会的投資

環境省・21世紀金融行動原則

今週、環境省の報道発表にこんなの出たよ。 持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則 昨秋から1年間、国内の主要な金融機関が議論して取りまとめたもの。国連の責任投資原則(PRI)の日本版、という位置づ...
社会的投資

いざ鎌倉!投信の本社へ

鎌倉投信の社長、鎌田さんの著書を紹介したときにも書いたけど、これから株式投資をはじめたい、という人には鎌倉投信を勧めている。そんなことをブログに書いたり、話したりしていたら… 「鎌倉投信を日本の良い会...
投信ビジネスの闇と再生への道

フィードバックの重要性(寄付とファンド)

英語が話せなくてもいいから会いましょう、と誘ってくれたので、日本で活動する社会起業家 Nhat Vuong さんとお昼ご飯を食べた。NPO向けの少額寄付のサイトを年内にオープンすべく準備中とのこと。印...
タイトルとURLをコピーしました