セネカ「生の短さについて」 新訳!

旧訳は「人生の短さについて」だったけど、新訳ではなぜか「人」が消えた。
「生の短さについて」「心の平静について」「幸福な生について」の三編構成。
それぞれにつき1つだけ、これ!という一文を紹介すると、

 生きることにとって最大の障害は、明日という時に依存し、今日という時を無にする期待である。---「生の短さについて」

今も2000年前も人の悩みは同じ。うっかり先延ばしをすると、結局何もできない。

 世の習いや人間悪を、笑いにも涙にも陥ることなく、穏やかな心で受け入れること。---「心の平静について」

この広い世界で、私たちが認識できる範囲のことなんてとっても狭いもの。
自分の中の常識なんて信じずに、すべてを受け入れられる心の広さが欲しい。

 大衆の是認こそ、最悪のものであることの証にほかならない。
 ---「幸福な生について」

たしかに、大衆の是認がバブルの形成・崩壊につながるから、たしかに最悪かも。

生の短さについて 他2篇生の短さについて 他2篇
(2010/03/17)
セネカ
商品詳細を見る