名著「ビジョナリー・カンパニー」熟読メモ

ビジョナリー・カンパニーとは、
商品のライフ・サイクルや指導者の資質に関係なく、繁栄し続ける会社
そして、ビジョナリー・カンパニーとしてジェームズ・コリンズ氏が選んだ企業は、
3M、アメリカン・エキスプレス、ボーイング、シティコープ、フォード、
GE、ヒューレット・パッカード、IBM、ジョンソン&ジョンソン、
マリオット、メルク、モトローラ、ノードストローム、プロクター&ギャンブル、
フィリップ・モリス、ウォルマート、ウォルト・ディズニー。
そして、日本から唯一の選出、ソニー。

もう一度読みたかった理由は、この中にソニーがあげられていること。
この研究が1991年までのデータで、十数年も前のものであるため何とも言えないが、
今もビジョナリー・カンパニーであるならば…。

この本を熟読し、ポイントや意見・感想などをブログに書き残しておこう。

名著!ビジョナリー・カンパニー、あなたも読む?(アマゾンへ)
ジェームズ・C・コリンズ 著
 「ビジョナリーカンパニー 時代を超える生存の原則」 2,039円
 「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」 2,310円