一期一会の夜空に目を向けられる人生でありたい

この記事は約3分で読めます。

「月刊星ナビ 2024年7月号」の特集、星空人生100年計画が興味深い。
これまでとこれからの激レア天文現象がまとめられている。

自分が物心ついた頃からの記録を抜き出してみると、

日付 現象
1986年4月 ハレー彗星が地球接近
1986年7月29日 香川県綾歌郡に「国分寺隕石」落下
1987年2月23日 大マゼラン雲に肉眼超新星
1987年9月23日 中国・沖縄で金環日食
1988年3月18日 インドネシア・フィリピン・小笠原沖で皆既日食
1989~1990年 日本で低緯度オーロラ観測
1991年7月11日 ハワイ・メキシコで皆既日食 ※最長7分超
1992年12月10日 島根県松江市に「美保関隕石」落下
1993年6月4日 皆既月食(※ピナツポ火山噴火の影響で暗い月食)
1994年7月 シューメーカー・レビー第9彗星が木星に衝突
1996年1月7日 茨城県つくば市に「つくば隕石」落下
1996年3月 百武彗星
1997年3~5月 ヘール・ポップ彗星 ※-1等級
1998年10月9日 ジャコビニ流星群の大出現
1999年8月11日 ヨーロッパ・トルコ・イランで皆既日食
2000年7月16日 皆既月食 ※継続時間1時間47分00秒、20世紀最長
2001年11月19日 しし座流星群大出現
2002年3~4月 池谷・張彗星
2002年4月7日 小惑星によるポルックスの食 (北海道)
2002年6月10日 テニアン島で金環日食
2003年8月27日 火星大接近 ※21世紀最接近
2004年6月8日 金星日面経過
2007年1月 マクノート彗星 ※南半球で-6等級
2009年7月22日 インド・中国・日本(トカラ列島) で皆既日食
2011年12月 ラブジョイ彗星 ※南半球で-3等級
2012年5月21日 中国・日本・アメリカで金環日食
2012年6月6日 金星日面経過
2012年11月13日 オーストラリア・南太平洋で皆既日食
2017年8月21日 アメリカで皆既日食
2020年7月2日 千葉県北西部に「習志野隕石」落下 ※火球目撃多数
2020年12月21日 木星と土星が超大接近
2022年11月8日 皆既月食(※皆既中に天王星食)
2023年12月12日 小惑星によるベテルギウスの分断食(ヨーロッパなど)
2024年 日本で低緯度オーロラ観測

小学生の頃に話題になったハレー彗星(1986年)が最初の記憶。
次にハレー彗星が観測できるのは2061年。その時、私は80歳超か。
星空に目を向けることは、一期一会の精神が大切なのだ。

まったく記憶になくてショックだったのが2001年のしし座流星群
この時は流星群ではなく「流星雨」と称されるほどで、
日本でも1時間あたり3,000~4,000個の流れ星が見えたのだとか。

そういえば2001年は私の人生のどん底だった時期。
本当に余裕がなかったんだなと改めて感じさせられる。

夜空を見上げることができるかどうかで、人生の豊かさを測れるのかも。
一生に一度の機会に関心を向けられる人生でありたい。

月刊星ナビ 2024年7月号
KADOKAWA
¥1,500(2024/06/12 14:20時点)

コメント