読んだ本と振り返る2013年/感銘を受けた日本の古典

この記事は約2分で読めます。

今年はじめて読んで感銘を受けた日本の古典は、

の2冊。
宮本武蔵の「五輪書」は今まで読んでなかったのが不思議。
羽生善治カスパロフといった勝負師の書物以外には、
投資の参考になる本はない、と考えていたけど、
ひとつの「道」を極めた達人の古典を忘れていたね。
「五輪書」の末尾に書かれた武蔵の言葉、

正しく明らかに、大きなるところを思いとって、空を道とし、道を空と見るところなり。

やはり「道」とは「まごころ」であり、
それを貫いた先に一切の迷いなき「空」に到達できる

投資だけでなく人生全般への教えがあふれた一冊だった。

もう一冊は源平合戦前後を描いた「建礼門院右京大夫集」。
藤原定家(新古今・百人一首の撰者)との交流がありながら、
この人の和歌と言えば!という代表歌がないから、
歌人としての評価はそれほど高いものでもなかったのだろう。

でもこの歌集は、長めの詞書に和歌が織り込む編集法で、
詞書により和歌に込められた想いが押し寄せてくる

月をこそ ながめなれしか 星の夜の 深きあはれを こよひ知りぬる

和歌にそえられた詞書は星空を描いた古典の名文だ。
武士の視点で歴史を淡々と描いた「平家物語」よりも、
心を揺さぶられる、素晴らしい名著だった。

また2013年は岡倉天心の没後100年にあたることもあり、
名著「茶の本」を扱った記事へのアクセスが多かった。

1906年に英文で世界に発信されたこの本は、
日清・日露戦争で日本がおかしくなっていく分岐点で出版。
失われゆく日本の面影に焦燥感を抱く中で描かれた名著。
日本が失ってはいけなかった美意識がここにある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました