信念の功罪/菜根譚・前集112,130

この記事は約2分で読めます。

何かしらの信念を持った人間は信頼されやすい。
しかしその信念に固執しすぎて思考停止に陥るのはダメだ。

菜根譚を読み返していたら、そのバランスの大切さが示されていた。

信念を貫くべきだ(前集112)

意を曲げて人をして喜ばしむるは、躬を直くして人をして忌ましむるに若かず。
善なくして人の誉を致すは、悪なくして人の毀を致すに若かず。

信念を曲げてまで世間の評判を得るくらいなら、
たとえ人に嫌われようと、自分の信念は貫くべきだ。
善いことをした訳でもないのに賞賛されるくらいなら、
いわれのない避難にさらされる方がマシだ。

なんとなくヨハン・クライフを思い起こさせる一節だ。

そして信念や美学を持たない人間は、烏合の衆になりやすい。
なんだか分からない安心を求めて思考停止の集団となってしまう。

純粋に美学を貫き通す「数寄者」であるためには、
他者と群れたり、媚びたりせず、孤独と向き合うことが大切だ。

ただしこの世に絶対的な判断基準などというものはない。
ともすれば間違った信念に固執している可能性もある。

信念にこだわりすぎるな(前集130)

群疑に因りて独見を阻むなかれ。
己の意に任せて人の言を廃するなかれ。

世間に支持されないからといって、自分の意見を変えてはならない。
自分の意見に固執するあまり、他人の意見を無視してはならない。

信念を持つことは良いことだが、他者の意見にも耳を傾け、
常に信念を更新し続けなければ、害でしかなくなってしまう。

積み上げてきた経験に反する意見を受け容れるのは難しいもの。
だからこそ老子が「しなやかな水」を最善のあり方と捉えたのだろう。

そしてしなやかさを失わないために最も大切なのは、
好奇心や考え続けることへの喜びなのだと思う。

菜根譚まとめシリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました