世界の名言・名文

世界を読み解く方法

羽生善治さんの学習の高速道路論

毎年ゴールデンウィークに再編集することを習慣にしている、 かつて将棋の羽生善治さんが語った「学習の高速道路論」。 昨年2017年は「永世七冠」を達成するという偉業もあったので、この1年で出版された著書のほかに、その時の記者会見も含めて編集し...
NO IMAGE 世界の名言・名文

棟方志功が「作」ではなく「柵」と書いた訳

日本民藝館の特別展「棟方志功と柳宗悦」を観に行った。 棟方志功には独特の漢字の使い方があり、 版画 → 板画 作 → 柵 仕事 → 仕業 芸術 → 芸業 といったものがある。 展示会の配布資料に棟方本人の説明が紹介されており、...
世界の名言・名文

道を極めるとは、自らの井戸を深く掘り下げること。(早乙女哲哉・村上春樹)

年始に「みかわ是山居」で早乙女哲哉さんの天ぷらをいただいた。 今年の営業初日のお昼に訪れたところ、カウンターに日本人は私たちだけ。 当代随一と称される天ぷらを味合うのが外国人観光客ばかりで少し寂しい。 もっとも早乙女さんご本人はご機嫌...
世界の名言・名文

羽生善治「永世七冠」達成会見メモ

12月5日の竜王戦勝利後の会見、12月13日の日本記者クラブでの会見、 二つの会見での羽生善治さんのコメントから目立ったものを以下に編集した。 永世七冠を達成して今後の目標は? 記録としてのものを目指していくのもあるんですが、...
NO IMAGE 世界を読み解く方法

不確実な未来を生き抜くための直感力

小林秀雄が当時の各界の第一人者と語り合った対談集「直観を磨くもの」。ノーベル賞物理学者、湯川秀樹の話がおもしろかった。 創造を導く直感力を身につけるためには? 小林が著書に記したモーツァルトの作曲法が、アインシュタインが推論の出発点を掴...
世界の名言・名文

早乙女哲哉「天ぷらは時間、間、呼吸、と小さく刻んだ時を食べる物」

6月に早乙女哲哉さんの古稀記念講演会を聴いて以来、もう一度食べに行きたかった「みかわ是山居」へ。今回はおまかせコースを食べたらこんなお品書きをもらった。 この裏には早乙女さんの天ぷらにかける想いがしたためてある。「天ぷらは時を食べる物...
世界の名言・名文

人生とは星を見つけ、星座をつむぐこと。

荻原井泉水(1884~1976)のエッセイ「星を拾う」より、俳人である著者が自選の句集を編集する中でふと思い出した言葉。 「人生というものは塵芥の中から宝石を見出すということである。」 そしてその宝石を夜空の星に見立てて、そこに星座...
世界の名言・名文

CHANEL創業者の美学/マルセル・ヘードリッヒ「ココ・シャネルの秘密」

著者がココ・シャネルに出会ったのは1958年。シャネルが75歳の時。引退後のおばあちゃんにインタビューしたものではない。 1909年パリに帽子のアトリエを開業したシャネルは、ドレス、香水、ジュエリーと事業を順調に拡大していくが、第二次大戦...
NO IMAGE 世界の名言・名文

結婚後に読み直す「人生の指針が見つかる恋愛の名言1300」

恋愛も結婚もまるで眼中になかった数年前に買った本。本棚を見ていてたまたま目に入ったので再び読んでみた。 まずは以前書き留めた時と同じ言葉だが、 「真の永続的恋愛は、尊敬というものがなければ成立しない。」 「愛するということは、...
NO IMAGE 世界の名言・名文

政治は国民を映す鏡/サミュエル・スマイルズ「自助論」

サミュエル・スマイルズの遺した不朽の名著「自助論」。この中に政治は国民を映す鏡であると指摘したくだりがある。 「一国の政治というものは、国民を映し出す鏡にすぎません。政治が国民のレベルより進みすぎている場合には、必ずや国民のレベルまで...
NO IMAGE 世界の名言・名文

小魚を煮るように国を治めよ/老子「治大国若烹小鮮」

老子の第60章にこんな一節がある。 治大国若烹小鮮 大国を治むるは、小鮮を烹るがごとし。 小魚を煮るときは型崩れしないように弱火でじっくりと。 大国の統治も料理と同じだと老子は説いた。 「私は収穫の時には立ち会わないかもしれないが、今...
NO IMAGE 世界を読み解く方法

私たちは「数」で「質」を評価する方法しか持たない

今年注目のイベントといえば、やはりアメリカ大統領選挙。 共和党の候補はドナルド・トランプ氏になってしまうのか? 正気なのか、はたまた「大衆」に媚を売っているだけなのか…。 「大衆とは良い意味でも悪い意味でも、自分自身に特殊な価値を認めよう...
NO IMAGE 世界の名言・名文

読書とは終わりなき放浪の旅/モンテーニュ「エセー」

かなりの勢いで本の処分を進めているなかで、 多分野に渡り、ずいぶんと本を読んできたけど、 「結局、何も分からないことが分かった!」 という現状にちょっぴり寂しさを感じる。 まぁ私の分かりたいものが「未来」だったから、 こういう結論...
NO IMAGE 世界の名言・名文

東山魁夷「風景は心の鏡」

絵画は水墨画以外はあまりピンとこないけど、 東山魁夷の淡い色づかいの風景画は好き。 こんな絵↓(Google画像検索より) そんな東山魁夷の風景論をエッセイ集の中に見つけた。 講談社学術文庫の「日本の美を求めて」より。 「風景とは何であ...
NO IMAGE 世界の名言・名文

村上春樹さんが期間限定で読者の質問に答える。巻3

村上春樹さんの読者とのやりとりを引き続き収集している。 とくにこの人の小説を読んだことないのだけど… 村上春樹さんが期間限定で読者の質問に答える。 村上春樹さんが期間限定で読者の質問に答える。巻2 たぶん考え方や物事の見方に惹かれている...
NO IMAGE 世界の名言・名文

風流とは心の揺らぎを楽しむこと

ビジネスの世界では「価値創造」って言葉が多用される。 でもそもそも「価値」とは一体何なのだろう?とふと思う。 「今日、人はあらゆるものの値段を知っているが、いかなるものの価値も知らない。」(オスカー・ワイルド) 本質的な価値な...
NO IMAGE 世界の名言・名文

村上春樹さんが期間限定で読者の質問に答える。巻2

村上春樹さんが読者との交流サイト。 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト ぼんやり読んでいると、ときどきおもしろい回答が目に止まる。 「自分の人生というのは実験室みたいなものだと考えることです。「よし、自分を実験台にしてい...
世界の名言・名文

村上春樹さんが期間限定で読者の質問に答える。

村上春樹さんが読者との交流サイトを期間限定でオープン。 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト あまり小説を読まないから、作品は読んだことはないけど、 インタビュー集を読んで、考え方がシンプルでいいなぁと。 今回公開されている...
NO IMAGE 世界の名言・名文

分かりそうで分からない。その楽しさと幸せ。

世の中の出来事で分からないことは意外と少ないもの。 もし直感的に理解できないことに出会ったのなら、 世間の常識に囚われている 過去の経験が理解の邪魔をしている その分野の知識が足りない といったことが混乱の原因。 私の場合は「3.」...
世界の名言・名文

愛とは偶然に対する信頼/アラン・バディウ「愛の世紀」

九鬼周造の「恋と偶然」つながりで出会った一冊。 フランスで20万部以上売れた哲学書なんだとか。 70歳を超えても愛で世界を語るとはさすがフランス。 私たちは定義づけのような同一性に基づく整理法で、 世界を秩序立てて捉えるような思考回...