日記と雑談

日記と雑談

手で文章を書くことは考えることだった。

先日、縦書きで文章を書くことは、日本人の創造性の源だったのかも、なんて覚え書きをしたのだが、手書きについて、さらに気になったこと。 今では文章を手書きするなんて、そんな面倒なことやってられない。キー...
日記と雑談

蔵書はいつでも再生可能な状態に

本棚満員問題が勃発し、どういう本を紙の蔵書として持つべきか? そんなことを久しぶりに考える時期がやってきた。 数年前は結婚して実家を出る時に、本棚のスペースが7割減になるし、ちょうど家と駅の間に図書...
日記と雑談

日本人はなぜペンギン好きなのか?

子供の頃からペンギンが好きだ。おそらく三十数年前に手に入れたグリコのオマケを未だに持っている。 ペンギン関連書籍を読んでいて知ったのだが、ペンギンを可愛い生き物として認識するのは日本特有の文化ら...
日記と雑談

「とーとつにエジプト神」をきっかけに、古代エジプトの信仰を学ぶ。

Amazon Prime でたまたま出会ったアニメ「とーとつにエジプト神」。 なんだこのモチッとした可愛いキャラはと笑って眺めていたが、あれ? このキャラデザインって本物に忠実なのでは? と気付き...
日記と雑談

電子書籍による読書の悩み

電子書籍で本を読むようになって10年ぐらい経っただろうか。 当初は紙が電子に変わったからといって、読書は変わらず読書のままだし、あふれかえる蔵書に歯止めがかかるなら好都合では?ぐらいの感覚だった。...
日記と雑談

実るほど頭を垂れる稲穂かな

人は誰しも〇〇の分野の専門である、と思い込んでしまうと、自分の方が偉いと幻想を抱き、他者を攻撃してしまうものなのだろうか。そんな事例を最近見かけることが続き、うーむ。。。 人のふり見て我がふり直せ ...
日記と雑談

増淵敏之「伝説のサロンはいかにして生まれたのか」

歴史を辿ると今に続く文化やビジネスが生まれた「場」に出会う。 日本史ではたびたび紹介してきた室町時代の「会所」。足利将軍が身分を問わず、文芸に秀でた者を集わせた場。水墨画、和室、庭園、能、茶道、華道...
日記と雑談

情報発信は文章と動画どちらがいい?

私のことをおもしろがって、YouTubeやZoomを使って、セミナーをやったらどうか、と勧めてくれる方が多いのだけど、あまり気がすすまない。 たしかに今は文章を書くよりも、動画にした方が課金しやす...
日記と雑談

ウイルスに踊らされたチューリップ・バブル

チューリップ・バブル。17世紀のオランダで起きた世界で最初の経済バブルだ。 山内一也「ウイルスの意味論」を読み進めていると、このバブルにはウイルスが一役買っていたという。 かなり昔に読んだ本も...
日記と雑談

「ホスピタリティ」と「おもてなし」は同じなのか?

「京大変人講座」の経営学者、山内裕氏の章で、「ホスピタリティ“hospitality”」の語源についての記述が目を引いた。 ラテン語の“hospes”がもとになっており、“hostis”と“pets...
日記と雑談

何のために本を読むのか?

本が読まれなくなった、と言われるようになって久しい。でもそれは出版社側が下記のような統計を用いて嘆いているだけだ。 日本の出版統計(全国出版協会) 出版関連業者の経営実態調査(帝国データバン...
日記と雑談

投資家がドラクエウォークをやるとこうなる?

9月のリリース初日以来「ドラクエウォーク」で遊んでいる。 私の遊び方に妻は「変態的な我慢強さ」と笑うのだけど、投資家としてごく当たり前の行動をしているような気もする。 その変な行動とは、無償でもら...
日記と雑談

宝くじとtotoの販売実績と資金使途(6年前との比較)

宝くじがインターネットで買えるようになっていることを知り、久しぶりに年末ジャンボ宝くじを買ってみた。 でもどうせこの手のくじを買うなら「toto」の方がいいと思ってる。宝くじよりtotoの方が当選金...
日記と雑談

黄金の国ジパング。「日本」と「Japan」の橋渡し。

マルコ・ポーロが「東方見聞録」の中で、日本が「黄金の国ジパング」と紹介されたことは有名。 「ジパング」と「ジャパン」が音が近いことから、関係がありそうなことは、なんとなく分かる。 でも「ニッポン」...
日記と雑談

台風の影響を受けて学んだこと

今回の台風で被害を受けた方々に比べれば、蚊に刺された程度だが、マンションの1階部分が浸水し、1日半の停電にも見舞われた。 以下学んだことをメモ。 水攻めされている城のような状態になりはじめた矢先に...
日記と雑談

資生堂のスタイル展が伝える言葉の大切さ

昨日、日本橋に用事があったので、日本橋高島屋で開催中の「美と、美と、美。 資生堂のスタイル展」に立ち寄った。 10年来、資生堂の株主と言うだけで、化粧品や香水そのものに強い関心があるわけではないが...
日記と雑談

遊び心をもって学ぶ

先日ある方の出版記念イベントを企画していてかなり驚いたこと。 参加するならその本の読後であることが当たり前と考えて進めていたが、「ハードルが高すぎる。イベントに出てから本を買う人の方が多いのでは?」...
日記と雑談

推理小説と株式投資。似ていて非なるもの。

20歳前後の頃は推理小説ばかり読んでいた。特に好きだったのがエラリー・クイーンの国名シリーズ。 ローマ帽子の秘密 フランス白粉の秘密 オランダ靴の秘密 ギリシャ棺の秘密 エジプト十字架の...
日記と雑談

消えゆく書店とべネディクト・アンダーソンの出版資本主義

消えゆく書店 約8年前にこんなことを書いていた。 本屋の残しかた(11/01/16) 本屋の残しかた・2 日米の書店環境の違い(11/06/14) 当時アメリカで生き残りが絶望視されていた...
日記と雑談

料理人・荏原さんの豊かなセカンドライフ

昨日、閑静な住宅街にたたずむ「日本料理 荏原」にお邪魔した。最寄り駅から7分程度のこんな場所になぜ?と不思議に思ったら、中古で購入した一軒家の余っていた庭のスペースを使って、知り合いの大工さんと二人で...
タイトルとURLをコピーしました