枕草子に描かれた「扇」の用途

今年も扇子が必要な季節がやってきた。

もっぱら「あおぐ」ことに使っているけど、
昔はどんな使われ方をしていたのか?

清少納言枕草子」を追っていくと、
いろいろ使用例が出てきたから、サクッとまとめておく。

  • 絵を描く…扇を預けて絵を描いてもらう
  • ほうき代わりに…扇で塵を払って掃いて捨てる
  • 呼びかける…車から扇を差し出して使いの者を呼ぶ
  • 抱き寄せる…男が持っている扇で女を抱き寄せる
  • 句を書く…男たちは句を書きつけた扇子を持っている
  • 隠す…扇で顔を隠す
  • 楽器代わりに…扇で拍子をとる
  • 献上品として…扇を中宮に献上する

ちなみに清少納言好みの扇子は、

扇の骨は朴(ほおのき)。色はあか。むらさき。みどり。

色が赤、紫、緑のどれかって…意外と派手だね。
イメージする色が私と清少納言とで違うのかな?