羽生善治

世界を読み解く方法

美意識や美学が大事

個人で社会や環境を意識した投資を目指す、ってのは天然記念物らしい。私がたまたま表に出てしまって、目についただけなんだろうけど…。 でも、よーく考えてみると、そんなに珍しがられるほど特別なことでもない。投資哲学みたいなものを探し求めていたとき...
名言・名文

ちょっと遠い未来を見つめたい

「私は走りながら考える人間なんだー!」と主張してるけど(→関連記事)、その一方で、今日明日といった近未来のために考えるのはキライかも。何かを考えたり、調べたりするときは、歴史的・文化的な背景を大切にして、少し遠い未来に関するヒントが得られな...
講演・取材メモ

羽生善治さんの講演メモ-脳の世紀シンポジウム

今年は6冊も羽生さん関連の本を読んでいるせいか、目新しい話はなかったかな。でも平日の朝じゃ、誰も参加できなかっただろうから、内容を紹介しておくね。何百・何千もの手を読んで指しているわけでない プロ同士の会話で一致したこと→10手先(双方5手...
お薦めの本

羽生善治・柳瀬尚紀「勝ち続ける力」

今年はずいぶん将棋の羽生善治さんを取り上げた本が多いような?純粋な将棋の本以外は全部読むようにしているので、なんだか最近追いつかない。詳しくは知らないけど、梅田望氏の本には昨年、ずいぶん活躍されたような話が…ちなみに羽生さんにこだわる理由は...
名言・名文

勝負師に学ぶ精神面の重要性

またまた最近お気に入りの吉田兼好「徒然草」から出発。 徒然草・第110段 双六の上手といひし人に、その手立てを問ひ侍りしかば、「勝たむと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手かとく負けぬべきと案じて、その手を使はずして、一目な...
名言・名文

理性がなければ経験は無価値

経験を重ねると思い切りがなくなって、チャンスを逃してしまうことがある。そんな時、初心者がまぐれでチャンスを手にしているのを目にした時、理性を失い、後追いすれば、その先には破滅が待っている。どんなに歳を重ねて経験を積んだとしても、理性を失った...
投資哲学を求めて

投資に必要な才能を復習する

年初だしこれまで追求した、投資に必要な才能を復習してみる。 以下の4つが私の投資家としての家訓?みたいなもん。ベン・グレアムの「賢明なる投資家」序文にバフェットが寄せた、 1.意思決定のための適切かつ知的なフレームワーク 2.それを働かせな...
名言・名文

大局観を身につけるには?/羽生善治&カスパロフ

「木を見て森を見ず」どんな分野でもよくある失敗。じゃあその呪縛から逃れるのはどうすればいいの? そんな疑問に対する答えをトップクラスの勝負師に求めてみた。まずは、将棋の羽生善治「決断力」P62,63 から。  全体を判断する目と...