きすの天ぷら。いつまで食べられるか分からない江戸の美食。

この記事は約1分で読めます。

天ぷらの神様、早乙女哲哉さんが、きすの天ぷらを語る動画が、
美食家、山本益博さんのYouTubeに掲載されている。

約3年前に統計データとともに、きすの危機的状況を紹介したが、

状況はさらに厳しくなってきている。
統計データを最新のものに更新すると、漁獲量はさらに減少中。

年平均で見ると1kgあたりの価格は落ち着いたように見えるが、
直近2022年8月は、1kgあたり3,207円で取引されている。
そして近年、揚げ油の価格も上昇が止まらない。

もはや江戸前のきすは、高級天ぷら店でしか出会えない一品になりつつある。
そして早乙女さんも今年で78歳だと思うので(古稀記念講演が2016年だった)、
神様のきすの天ぷらをいただけるのは、いつまでか。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました