40歳。古典に学ぶ人生論。

今年、40歳になる。
というわけで新年は40歳にちなんだ古典を読み解いてみる。

40歳の人生論(孔子・白楽天・ゲーテ)

よく「不惑の四十」といわれたりするのは「論語」に由来する。

「子の曰く、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。」

証券市場に資産が惑うのはこれからも続くと思うが、
自分の人生に悩んだり、迷ったりするのはここ数年は皆無。

それに前々から人生に影響を与える度合いが大きい決断ほど即決する
という無鉄砲な性質があるので「不惑」と言われてもピンとこない。

他に要因があるとすれば、
30歳の時に読んだ兼好法師「徒然草」を皮切りに、
古今東西の古典を読み倒してきたおかげかもしれない。

「命長ければ辱多し。長くとも四十に足らぬほどにて死なんこそ、目安かるべけれ。 」(徒然草・第7段)

そうはいっても長生きすれば恥が多くなるから、
40歳にならないくらいで死ぬのがちょうどいい、
なんて話には同意しかねる。

古典の中の年代別人生論を読み解いていくと、
40代は白楽天ゲーテに言わせると「欲」に振り回されるようだ。

三十四十五欲牽 (三十四十は五欲に牽かれ)

七十八十百病纏 (七十八十は百病に纏わる)

五十六十却不悪 (五十六十はかえって悪しからず)

「十歳にして菓子に動かされ、二十歳にしては恋人に、三十歳にして快楽に、四十歳にしては野心に、五十歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間は、ただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。」

白楽天のいう「五欲」とは広辞苑によると仏教用語で

  • 五官(眼・耳・鼻・舌・身)の五境(色・声・香・味・触)に対する欲望。感覚的欲望。
  • 財・色・飲食欲・名誉・睡眠を求める欲望。

そういわれても「美味しいものを食べたい!」という欲は捨てられない。

人は1日3回、幸せになるチャンスがある!

というのが私の座右の銘の一つなのだから。

欲と幸福(夢窓疎石・清少納言)

人間の欲についてもう少し踏み込んでみるならば、
夢窓疎石が足利直義に説いた言葉のなかに、

「福を求むる欲心をだに捨つれば、福分は自然に満足すべし。」(夢中問答集・第1話)

「もし欲心を捨てむと思ふ志、福を願ふ心のごとく、懇切ならば、捨てがたしとはいふべからず。」(夢中問答集・第4話)

幸福を求めようとする欲を捨てれば、幸福は自然と満ち足り、
欲を捨てようと思う心が幸福を願う心と同じくらい強ければ捨てられる。

といったものがあるが、簡単にまとめると、

追い求めてしまうと、幸せはいつも少しだけ先にあって手が届かない。 
心を落ち着ければ、幸せがいつも身近にあることに気づくはずだ。
だからこそ欲を捨てよ。そうすることで自然と心が満たされるだろう。

清少納言が「ちいさきものはみなうつくし」と言ったように、
気がつきさえすれば、小さな幸せは常に目の前にあるものなのだ。

「萩などのいとおもげなりつるに、露の落つるに枝のうち動きて、人も手ふれぬに、ふと上樣へあがりたる、いみじういとをかしといひたること人の心地には、つゆをかしからじと思ふこそ又をかしけれ。」(枕草子・130段)

雨上がりに雨露の重みでしなった萩を眺める清少納言。
露が落ちた瞬間に枝が跳ね上がる様子は「いみじういとをかし」だけど、
「こんな感覚、誰にも分かってもらえないわね」と思うのも「をかし」。

私の小さな幸せなんて分かってくれなくていいの、と笑い飛ばす潔さ。
小さな幸せを星の数ほど見つけ、その星々をつないで星座をつむいでゆく。
それが人生というものだと理解できれば、欲の誘惑など取るに足らない。

私の場合は日々の「食」を大切にすることで、

45歳で「まことの花」を見いだせるか?(世阿弥)

最後に世阿弥が「風姿花伝」で語った人生論。

まず34~35歳の頃が「盛りの極め」(芸の絶頂期)で、

「上がるは三十四五までのころ、下がるは四十以来なり。」

「この頃は、過ぎし方をも覚え、また、行く先の手立てをも覚る時分なり。」

芸が向上するのは、34,5歳まで。40歳以降は落ちていくのみ。
34~35歳までにどう生きてきたかで人生が決まるという。

また44~45歳の頃は、
「身の花もよそ目の花も失する」(衰えが隠せない時期)で、

「もしこの頃まで失せざらん花こそ、まことの花にてはあるべけれ。」

衰えてなお、輝くものがあれば、それこそが「まことの花」、
すなわち芸能で言うところの決して散ることのない魅力であると。

さて数年後、私には果たして何が残っているのだろう?

※「風姿花伝」の年代別人生論については下記の本に詳細をまとめているよ