花王のエコナにやられたねぇ

悲しいことに我が家で揚げ物を食べる時は、エコナしか使っていなかったのだ。
普通より高価な油を使って、発ガン性のリスクにさらされるとは何ともアホな話。
もはやどうしようもないから、しばらく笑い話にするしかない。。。

「グリシドール脂肪酸エステル」という物質が問題らしいが、調べてみても、
体のどの部位がガンになるのかよく分からない。検査のしようがなくて困るね。

花王がまともな会社なら、消費者の検診費用を負担することになるのだろう。
しかし、もし実際にガンになった人は、摂取した証拠をどうやって示すのか?
空容器を全部取っておく変人はいないだろうし…、花王を訴えることは不可能?

今回の教訓
化学の力で痩せようだなんてセコイ考えをしてはダメ。ちゃんと運動しろ。
化学メーカーの食用品は、何が起こるか分からないから覚悟の上で。


追伸
コメント欄で下記記事をご推奨いただきました。
エコナ問題で、花王に足りないもの。[Blog: 薬作り職人のブログ]
エコナの件[Blog: 有機化学美術館・分館]
花王のニュースリリースだけ追っていると、なんだか不安をあおられるばかり。
科学的見地を得て、頭の中でようやくバランスが取れてきたぞ。
とりあえず今確かなことは、花王の情報発表の仕方が下手、ということだけだ。

コメント

  1. 通りすがりの科学者 より:

    やらかしたのは花王ではなくNHKである。
    グリシドール脂肪酸エステルの安全性については以下のサイトが詳しい。
    http://kentapb.blog27.fc2.com/blog-entry-1775.html
    http://blog.livedoor.jp/route408/archives/51420248.html

  2. まろ@管理人 より:

    コメントに深く感謝です。
    私の記事内にも追伸としてご紹介いただいた記事にリンクを貼りました。

  3. さわかみファンドに投資しています より:

    花王は、さわかみファンドが自信をもって投資しています。この件で、澤上さんに質問したら、花王社内でも健康に問題があるという声があっても、ちゃんと販売できるんだから、安全性に問題のない商品であることは明らか。日本のトイレタリーの企業として、花王は欠かすことができないんだから、そんな些細なことで、花王を売ることはない。
    とおっしゃっていました。
    だから、安心したらいいと思います。

  4. まろ@管理人 より:

    ありがとうございます。
    花王は先週になってようやく、詳細な科学的な説明資料を公開しましたが、それ以前に販売自粛、トクホを取り下げて、グリシドールなんちゃらを低減できるまでは販売再開しない、といった動きがあり、愛用者としては大変不安を煽られる展開。
    花王の社内には「安全なんだからガタガタ言うなよ、うるさいなぁ」って風潮があったのでは? 消費者として安心できても、投資家として安心できないものがあります。