日本株運用に希望の光?

先進国の2007年株価騰落率(参考;WJ・Markets data center)。 日本が際立ってダメなのがよく分かる。 でも、見放されたときこそがバリュー投資の出番なんだよね。

指標 騰落率 指標 騰落率
日本 TOPIX △12.22% イギリス FTSE100 4.63%
アメリカ DOW 8.29% ドイツ DAX 21.85%
アメリカ Nasdaq 8.84% フランス CAC40 1.55%
アメリカ S&P500 4.80% イタリア S&P/MIB △7.46%
カナダ S&P/TSX 5.81% スイス SMI △3.04%
豪州 S&P/ASX 12.01% オランダ AEX 4.25%
※中国、インド等の新興国は大きく値上がりしているけれど、  企業価値が1年でそんなに変わるか疑問なので無視。

また、12/21 の日経金融新聞では「頼みのPER、機能不全」 なんて変な記事も登場。以下、抜粋。

 東証一部の全上場銘柄を十月末の予想PERの低い順に五グループに分け、各グループの十一月以降の騰落率を算出した。するとPERが最も低いグループの下落率が最大になり、最もPERが高いグループを除けば、PERが高いほど下落率が小さい。

実に妙な話だ。ますます日本株に魅力を感じてしまう。 だが、そこで自らブレーキかけるべくツッコミを入れてみる。 アメリカに iShares MSCI Japan Index (EWJ) なるETFがあり、 これを S&P500 と 5年間のリターンで比較すると…  EWJ +93.01% S&P500 +68.89% → Google Finance 日本株は好調だったから、調整で下落しただけかも???