さわかみファンドは今後も有望か?

検索エンジンで「さわかみファンド」と入れると、
どういうわけか私のブログが上の方に表示される。
せっかくなので、さわかみファンドの今後の見通しについて私の意見を。

どんなに優秀なファンドマネージャーであったとしても、
ファンドの運用成績は、ファンドの規模が大きくなるにつれて平凡になる。

これは様々な本の中で明らかにされているファンドの常識。

フィデリティのマゼランファンドで伝説となったピーター・リンチでさえ、
運用成績が際立って優れていたのは、資産規模が5億ドル以下の時期であり、
50億ドルを超えてからは、インデックスファンドとどっこいどっこい。
さわかみファンドはまもなく2000億円に達しようとしている。
アメリカと日本の市場規模の差を考えれは、そろそろ重たくなってくるかも。

バフェットさんのように、資産規模の増加に伴い、
企業の一部保有から、まるごと買収することで、成績悪化を防いだ事例もある。
しかし、一般的なファンドがこの手法を真似することはできないだろう。
※村上ファンドは、案外バフェットさんの手法を目指していたりして。

それでもなお、さわかみファンドには、他の日本株ファンドにないメリットがある。
月に2度、メールでお知らせがくる澤上氏作の月中月次レポート、
これは変な短期売買の本を読むよりも、1000倍勉強になりますぞ。
さわかみファンド自体の運用成績が落ちたとしても、あなた自身の腕が上がるはず。

ただこのレポートも昔の方が、優れていたように思えるので、
ファンドの保有者は、過去のレポートも読めるようにしましょーよ!
とお問い合わせフォームから個人的に働きかけている。
誰か協力してちょーだい!(現在は過去1年分のみをホームページに掲載)

コメント

  1. 初心者のための『株式投資・投資信託』無料セミナー紹介 より:

    まろ様
    はじめまして、脱サラ会会長@ジャージー岩崎と申します。
    はじめて、このブログを拝見させていただきました。
    自分もさわかみ投信を、学生の頃から、コツコツと積み立てていまして、この記事を見て、思わずうれしくなって、コメントをしてしまいました(笑)
    これからも、勉強させていただきます。
    ありがとうございます。

  2. まろ@管理人 より:

    ご訪問、ありがとうございます。
    学生の頃からさわかみ投信となると、私と同じ20代後半ってとこですかね。
    お互い頑張りましょう。