相談を受けたら、自分のことは話さない

これまで「読んだ」情報を自分のために編集してきたように、
これからは「聞いた」情報を話し手のための編集も大事にしよう。

そんな目標を立てたのは、「聞く」ことの難しさに気がついたから。
なぜか人生相談を受けることがチラホラあるのだけど、
相手より私が話している時間が長くなっていることが多い。

悩みを聞くと、自分の体験談を話して長くなりがちだけど、
運や時間軸は人それぞれだから、相手にとってあまり意味がない。
古典に読み頃があるのと同じようなことかな)

だから上下関係は作らずに、相手の話によ~く耳を傾けて、
あいづちついでに話の内容を編集して返すことを意識する。
そしたら相手が考えを深めて、さらに話をしてくれる。
こんな会話の流れがつくれるようになるのが理想かな。