幣(ヌサ)が雷を呼び、虹を渡って神がやってくる

古代の日本人は「」にとても敏感だった。
漢字の音合わせ、なんてのは今でも続いているし、

長らく無文字社会だったため、
人が口から発する「音」に霊力が宿ると考えられていた。

そして神様にも「音」が関係してくる。
日本の神はホスト(主)ではなくゲスト(客)であることが特徴で、

では神の到来をどう感じていたかといえば「おとづれ」。
「おとづれ」とは「音連れ」のこと。神は「音」とともにやってくる。
そう知ったとき、気になるアイテムがある。

(ヌサ)。
ギザギザとした形はおそらく「雷」を表していて、
神をおとづれを演出する「神鳴り(カミナリ)」なんだ。

このたびは ぬさもとりあへず 手向山
紅葉の錦 神のまにまに

百人一首に残る菅原道真の和歌。
かつて都があった平城京から見て手向山は東のはて。
都の内と外を分ける境界は異世界への入口でもあった。
そんな場所に神をまねく「幣(ぬさ)」も持たずに来てしまったよ。
この歌にはこんな意味合いが込められているのかも。

最後に「幣」が「神」と関係あるとして「貨幣」とは一体?
古来、空にかかる「虹」は天地を結ぶ橋と考えられていた。
虹を渡って神や精霊が俗界に降りてくる
そこに「市」をたてて交易を行う習慣があったとされる。

雷雨の後の晴天には虹がつきものだ。
ならば幣で雷を呼び、虹を渡って神が訪れる、ということかな。
そして経済活動を行い、貨幣がやりとりされる。
お金が神に近い存在か…日本は実に興味深い国だね。