日本料理屋の情報発信。予習・実食・復習の「乃木坂しん」

この記事は約2分で読めます。

2018年春に出会った日本料理屋「乃木坂しん」。

初めてお邪魔した時は、オープンして1年ちょっとの頃だったからか、
7,000円でお昼小会席が提供されており、それをいただいてビックリ。
使っているのはどれもありふれた食材だったのだけど、
この食材をこんなに美味しく調理できるんだ!と感動したのが出会い。

その後、同世代の料理人のお店に通いたいと思うようになったり、
予約日がたまたま映画撮影の日に重なり映り込んでしまったり、
というような要素も加わって、定期的に通うようになった。

そんなお店が昨年、大きく進化したのが情報発信の部分。

とくに嬉しいのが、その月の献立を動画や文章で紹介してくれること。

一般的に料理屋では、料理が出された時に簡単に解説を受けて食べ始め、
カウンターで店主の手が空いていれば、食べている最中に、
追加で食材の産地や料理法等を紹介してくれる、というかたちが多い。

しかし乃木坂しんは、

  • 月の前半にその月の献立の試食動画がYouTubeで公開され、
  • その後、食材の産地や料理に込めた想い等の文章がnoteで公開

まだYouTubeとnoteの公開時期が固定されている訳ではないようなので、
狙ってお邪魔することは難しいのだが、昨年12月はたまたま、

  1. YouTubeで予習
  2. 実食
  3. noteで復習

という流れに乗ることができて最高だった。
高級食材が器に並んだ料理よりも、何かしら学びが得られた方が嬉しい。

また、もともと季節に1度はいただこうと思っていたのだが、
この情報発信を機に気が付けば隔月ペースに変わっていた。

私は知的好奇心を刺激されると歓喜する人間で、
それは株式投資に限らないことをあらためて認識させられるのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました