水戸黄門・九ケ条禁書「人生楽ありゃ苦もあるさ」

この記事は約2分で読めます。

テレビドラマ「水戸黄門」の主題歌の冒頭、

「人生楽ありゃ苦もあるさ~♪」

これは実際に水戸黄門(徳川光圀)が1698年に記し、
1722年から江戸城の大広間に掲げられたという、
水戸黄門光圀公九ケ条禁書」から採られていることを知った。

私には崩し字が判別不能な部分が多いので、他の資料を見比べながら、
たぶんこういう風に書いてあるはず、と解読すると。

一 苦は楽の種、楽は苦の種と知べし。

一 主人と親とは無理なるものと思へ。下人はたらぬものと知るべし。

一 子ほど親を思ひ、子なきものは身にくらべ、近き手本と知るべし。

一 掟におぢよ、火におぢよ、分別なきものにおぢよ。恩を忘るる事なかれ。

一 分別とは堪忍をもって知るべし。

一 欲と色と酒とを敵と知るべし。

一 朝寝すべからず 話の長座すべからざる事。

一 小なる事は分別せよ。大なる事は驚かざる事。

一 九分にならず、十分はこぼるる物と知るべし。

「人生楽ありゃ苦もあるさ」は第一条から採られており、これはなかなかの名訳かも。

  • 分別とは堪忍をもって知るべし(分別のあるなしは我慢できるかどうか)

  • 九分にならず、十分はこぼるる物と知るべし(物事は九分で満足せよ。十分を狙うと失敗する。)

といったあたりは投資においても有益だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました