ドイツ代表にまさかの逆転勝利。システムを超える意志の力?

この記事は約2分で読めます。

2022年カタールW杯のグループリーグ初戦で、
日本代表がドイツ代表にまさかの逆転勝ち。

まずは懺悔。

私はドイツ1点リードの前半40分ぐらいまで観て、
こりゃダメだ!と寝てしまい、翌朝起きて、え!?
そこから録画を見直すという大失態だった。

私が前半であきらめた理由は、森保監督の日本代表は、

  • 試合内容に応じて戦い方を変えることはめったにない。
  • 大胆な選手交代は皆無で、交代策は常に後手後手。

というこれまでの傾向から、後半も一方的にやられるだろうなと。

ところが森保監督が過去4年間の采配が嘘のように変身。
これにドイツ代表のベンチスタッフも大慌てだったのでは?

私のイメージではドイツ代表はサッカーのデータ分析で最先端。
2014年のW杯期間中にドイツサッカー連盟とSAPの共同研究の成果、
サッカー分析システム「SAP Match Insights」を発表。
そしてドイツ代表はこの大会で優勝を飾る。

私がSAPに投資をするきっかけとなった話だが、それは置いといて。

日本代表がこれまでまったく例のない動きを見せたため、
ドイツ代表のシステム分析は機能不全に陥ったのではないか。

日本の勝利になんとなく頭に浮かんだ台詞が、
「システムを超える意志の力」だった。

そういえばAI将棋の浸透で、すっかり影を潜めていた羽生善治さんが、
王将戦のタイトル挑戦権を獲得。年明けから藤井聡太との対局がはじまる。
こちらも展開次第で似たような構図になるのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました