資生堂のスタイル展が伝える言葉の大切さ

この記事は約1分で読めます。

昨日、日本橋に用事があったので、日本橋高島屋で開催中の
美と、美と、美。 資生堂のスタイル展
に立ち寄った。

10年来、資生堂の株主と言うだけで、
化粧品や香水そのものに強い関心があるわけではないが、
容器のデザインにこだわっていることがよく分かった。

また展示スペースごとにメッセージカードが置かれており、
ブランドイメージを保つために言葉が大切、
と捉えているんだなというのが印象的だった。

カタカナ語を使ったメッセージは、
一見カッコ良く見えるが、中身がないので何も伝わらない。

何かを伝えたければ、結局こういうシンプルなのが一番なのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました