TAC、決算書は面白いけど…

この記事は約2分で読めます。
私が税理士試験を受験していた頃、TACに通っていた。
一番最初の授業には、教室いっぱいに生徒がいるけれど、
時間の経過とともに、徐々に減っていく。
でも、そんなのとは関係なく予備校って授業料が前払いじゃない?

現在私のイチオシ本「なぜ、あの会社は儲かるのか?」にも登場するけれど、
あらためてTACの決算書を見てみると、ホント面白いよねー。

投資情報ページだけ見ていると、株主資本比率24%の会社で、
一見するとありゃ?何か危ない会社なの?って感じ。
でも、貸借対照表の負債の部にある前受金は、授業料の前払い分で、
将来必ず収益として売上に乗っかってくる金額
なわけ。
連結B/Sの総資産に対する「自己資本+前受金」の割合は81%
こうやって見ると、最初の印象とは180度変わってくる。
資金回収の不安がないビジネス、と良い見方もできる。

だが私は、みなさんにこの会社への投資をお薦めしない!
有価証券報告書の対処すべき課題として、
TACプロフェッションバンクによる人材事業の拡大」とあるけれど、
これがとんでもないくせ者会社で、私の中でTACに対する信用は地に落ちた。
 

 
税理士事務所で人材募集といったら、資格の学校で募集広告出すべきかな、
とこの会社が運営するTACキャリアナビを使ったんだけど…。
ある時、募集広告が載っているHPを開こうとすると、つながらない。
パソコン壊れちゃったかな?と思い、何時間かたって試してみるとまだおかしい??

ほにょ?と混乱している私に気づいた所長が、問い合わせてみると、
しばらく前からサーバーがダウンしていたとのことで…、
いつからいつまで表示できなかったのか、ちゃんと報告せんかい!
と当然の展開になったのだが、この後の対応が尋常ではなかった。

なんと無視されたのだ。
それならこっちも対抗して、ちゃんと対応してくれないなら料金払わないからね、
と伝えたら、さらに無視。
目が点、とはまさにこのことで、この手の会社にありがちなんだけど、
きっと社内であの事務所はヤクザとか言ってるんだろうなー。

コメント

  1. えす より:

    はじめまして。えすと申します。
    過去記事を含めて一通り読ませて頂きました。
    非常に価値のあるブログだと感じました。
    今後も当ブログを訪問したいと思いますので、相互リンクをお願いできないでしょうか。
    よろしくお願いします。

  2. まろ@管理人 より:

    はじめまして。素敵なコメントありがとうございます。
    えすさんのブログ、拝見しましたが…。
    なんだか凄すぎて、私ついていけません(涙)
    嬉しいですが、私のはリンクを貼っていただくレベルにありません。
    書いてる本人が億単位の財産もってないですから。
    むぅー無念。。。

  3. えす より:

    そうですか。駄目ですか。
    僕と主張が似ているブログだったので、楽しみにしていたのですが、残念です。
    億単位の資産があるかどうかなんて事はどうでもいい事だと思います。理念が同じ同士とリンクを張りたいと思っただけです。
    また、遊びに来ます。

  4. まろ@管理人 より:

    申し訳ありません。
    理念が高くても、結果を残せなきゃ意味がない。
    そこは企業も個人も同じじゃないですかね。
    私が輝かしい実績を残した暁には、相互リンクをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました