ナナロク世代、就職氷河期の好影響?

この記事は約1分で読めます。
今、注目を集めるITベンチャーの経営者が、
1976年前後に生まれているから、「ナナロク世代」なんて呼ばれてる。

はて、なんでその年代に固まっているのかな?と頭をひねってみる。
過去10年で大卒の求人倍率が最悪だったのは、2000年3月大学卒の0.99。
前後1年はもちろんよくない。この3年の間にナナロク世代があたるんじゃない?

今みたいに好景気だったら、優良企業に就職していたはずの人が、
弾き飛ばされてのをきっかけに、起業したりして今があるのかも。

塞翁が馬」とは、まさにこのことだね。

こんなとこが、1978年生まれで2001年3月に大学卒の私の意見。
自分で言うのもなんたけど、凄すぎる勝負師ぶりを発揮して大学入学。
自信過剰になってしまった私を完全に壊してくれたのが、就職活動。
一度、コイツは社会で使い物にならない、と認定されてるから気が楽。
多少の不幸に出会っても、ダメ人間ですから、と笑ってられるのさ。
ん?話のレベルが低いって? それはきっと気のせいだ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました