ヨハン・クライフ追悼の想いを込めて名言集

ヨハン・クライフが亡くなった。
私はこの時代に生まれてきて、もっとも幸せだったことの1つは、
クライフ監督が指揮するバルセロナを観れたことだ。

フットボールの試合はまず観客を楽しませなければならない。

美しく敗れる事を恥と思うな、無様に勝つことを恥と思え。

1-0で守り切って勝つより、4-5で攻め切って負ける方が良い。

いくら点を取られても、相手より1点多く取ればいい。

というクライフの美学に基づいたバルサのサッカーは美しかった。
グアルディオラ監督時代や今のMSN(メッシ・スアレス・ネイマール)もいいけど、
ちょうどサッカーが好きになった頃に出会ったクライフ・バルサが印象深い。

月並みなやり方をするくらいなら、自分のアイデアと共に心中した方がマシだ。

美学を貫き通す姿はカッコ良かった。
ありがとう!