1995年の円高とJリーグ外国人選手

この記事は約1分で読めます。

かつての円の対ドル最高値は1995年4月19日の79円75銭。
当時は1ドル=100円を超える円高はめずらしく、
100円超をつけたのは、1994年6月~1995年10月のわずかな期間。

思い起こせばあのころJリーグでは、不思議なことが起きていた。
トップレベルの外国人選手が次々Jリーグにやってきたのだ。
パッと思い出せる限り、列挙していくと…

  • ストイコビッチ(1994~2001年)
  • レオナルド(1994~95年)
  • ドゥンガ(1995~98年)
  • サンパイオ(1995~98年)
  • ジョルジーニョ(1995~98年)
  • ブッフバルト(1994~97年)
  • スキラッチ(1994~97年)

スポーツ選手は稼げる期間が短いから、やっぱり給料が気になるはず。
日本円で給料を手にすることのお得感も、彼らを引き寄せた要因かも。
今はうーん、ユングベリ? ピークはすぎてるよね。。。

おまけ
私の高校~大学時代に活躍したストイコビッチは、我が青春のすべて!
だからブログのURLとメールアドレスが、”Stojkovic“なんだよん♪

ザ・レジェンド オブ ストイコビッチ [DVD]ザ・レジェンド・オブ・ストイコビッチ [DVD]
(2001/09/28)
名古屋グランパスエイト
商品詳細を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました