タイミングは選ばない-徒然草155段

投資家やってると、投資と関係ない場面でも、タイミングとか意識しちゃうかも。
でも、人生には「まだその時期ではない」「今はタイミングが悪い」とか言って、
いろいろ先延ばししていられるほど、時間がないんだよね。

久しぶりに吉田兼好徒然草」に登場してもらうと…、[第155段を抜粋]

世に従はむ人は、先ず機嫌を知るべし。
ついで悪しきことは、人の耳にも逆ひ、心にも違ひて、そのこと成らず。

まずは兼好も世渡りには、何事もタイミングが大事、と語るんだけど、

生・住・異・滅の移り変はるまことの大事は、猛き河のみなぎり流るるがごとし。
しばしも滞らず、直ちに行ひゆくものなり。
されば真俗につけて、必ず果たし遂げむと思はむことは、機嫌を言ふべからず。

本当に大事なことは、一瞬に過ぎていっちゃう。
必ず成し遂げたいことがあるなら、タイミングどうこう言ってる時間はない。
と説く。

人って春になると、なんとなく新しいこと初めてみたくなってしまう生き物。
これは!というものがあるのなら、思い切って初めの一歩を踏み出したい。