無限と有限の間/キルケゴール「死に至る病」を超・要約

キルケゴール死に至る病」。
解読できた部分をピックアップしとこ。

  • 死に至る病とは「絶望」のこと
  • 人は無限性と有限性の間でバランスをとって生きている
  • 人はふたつの間のバランスを崩したときに絶望する

無限性と有限性の間でバランスをとるのはむずかしく、
ゆえに人は潜在的に絶望している存在と説いた本。

  • 無限性の絶望…見果てぬ夢に自らがついていけない
  • 有限性の絶望…世間の評価に自らを預けてしまう

私たちは有限性の絶望には気がつきにくいもの。
世間の評価こそが自分の価値だと思い込むことは、
自己を見失っていることだとキルケゴールは説く。

自分らしく生きるか、世間の評価に身をゆだねるか。
キルケゴールは解決策として最後は「神への信仰」を説く。
結末がいただけない感じだ。