投資詐欺に遭う年齢層が激変。今は20~40代が危ない!

この記事は約1分で読めます。

週刊エコノミスト(2023年1月10日号)の記事をきっかけに、
警視庁の統計データを眺めてみて驚いたこと。

金持ちの高齢者が騙されるイメージだったが、
この数年で状況が激変していたことを知った。
被害に遭う世代の中心は20~40代に変わっているようだ。

これをどう解釈すべきか? 警視庁からのコメントはない。
以下は私のひねくれた解釈だが。

  1. iDeCoやNISA等を通じて、若い世代も投資をはじめるようになった。
  2. しかし金融庁のお墨付きの投資信託を積立投資しているだけ。
  3. とくに頭を使わないため、金融リテラシーは向上しないままだった。
  4. 変に投資に対する警戒感だけが下がり、詐欺に遭いやすくなった。

裏付けになりそうなこんなデータもある。

投資詐欺なんてものは、自分で頭を使って投資をしていれば、
「こんな利回りあるわけないじゃん!」と馬鹿にして終わるはずだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました