劇場版「かぐや様は告らせたい」がおもしろかった!

この記事は約3分で読めます。

テレビアニメの続編を映画館で

劇場版「かぐや様は告らせたい ファーストキッスは終わらない」が、
ここ数年で観たアニメ映画のなかで最も印象的だった。

私の中での順位はこんな感じ。

  1. かぐや様は告らせたい ファーストキッスは終わらない
  2. ソードアート・オンライン オーディナルスケール
  3. 君の名は。

「かぐや様は告らせたい」を知ったのは音楽番組で、
主題歌があの鈴木雅之さん?!と驚いたのがきっかけ。

恋の駆け引きを描いたコメディ(恋愛頭脳戦)が面白く、
平安時代の和歌のやりとりも意外とこんな感じだったのかも、
と笑い転げて楽しんでいた。

テレビアニメ第3期(2022年4~6月)が美しい終わり方をしたので、
続きを映画化して、あの最終回を超えられるのか疑わしかった。
同じ流れで「鬼滅の刃」の大ヒットしたから二番煎じ?
両作品ともアニプレックスソニーグループ)がらみだし…。

でも、いざ観てみると、なるほど映画にする意義あり。
音質的には映画館は不要だが、もしテレビ放送だと3,4話に分割される。
でも分割してテレビで観るか、映画で通しで観るかで、
鑑賞後の印象がかなり変わりそうだったので、映画化に納得。
鬼滅の刃と同じく、これが新しいアニメ配信の形であり、
映画館の生き残っていくための手段でもあるのだなぁと。

そういえば同じ映画館で、中島みゆきのライブの上映もしていた。
映画館って切り口次第でまだまだいろいろな可能性があるのかも。

アニメを観始めたきっかけはSAO

それにしても2017年頃から、アニメをよく観るようになった。
きっかけは「ソードアート・オンラインSAO」との出会い。

VRやAR、人工知能について描かれた作品を目にしたことが、
IntelからNVIDIAに投資先を乗り換えるきっかけとなり、
これが大成功だったことで、アニメに対する認識が一変した。

はじめはSAOに続く、2匹目のどじょうを狙っていたはずが、
だんだん脱線して、学びや笑いを求めるようになり、
今では「1月からはじまる新作アニメ何かな?」と探しはじめる始末。
最近では夫婦でアニメ鑑賞がすっかり習慣になった。

ちなみに今期の私のお薦めは「とーとつにエジプト神・シーズン2」。

 

ソニーの株主なのでアニプレックスの決算が気になる

もちろん土台には投資家としての興味がある。
私の子供の頃はアニメと言えば「東映アニメ」で、
東日本大震災直後、最初に投資した会社でもあった。

でも最近の目をひくアニメには「アニプレックス」が絡んでいる。
スマホゲーム「Fate/Grand OrderFGO)」の大ヒットでも有名。

近年、急速に業績を伸ばしてきており、
ソニーグループの決算報告でも触れられる機会が増えているので、
アニプレックス単体の決算推移を決算公告から数字を拾っている。
(2016年以前は営業利益が公開されていない)

また先ごろ人気アニメ「SPY×FAMILY」の映画化が発表され、
テレビアニメ制作にアニプレックス子会社が関わっていたので、
鬼滅の刃のような大ヒットになるか要チェック。

SPY×FAMILYの方が鬼滅の刃よりも広い世代で受け入れられそうだが、
全世界で考えると、物語の設定が国によってはやや微妙かも。
スパイや殺し屋をコメディ化しても笑えない国は多いからね。

まぁこんな感じでアニメそのものだけでなく、
ビジネスの面でも楽しめる要素が多いから、アニメ鑑賞は楽しい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました