オーストリッチ効果(取引目的以外で証券口座にログインするのはどんな時?)

この記事は約1分で読めます。

投資家が取引をする意思がないのに、証券口座にログインするのはどんな時?

そんな研究をした人がいたらしい。

論文内のグラフが一目瞭然なので紹介すると、
黒の折れ線がS&P500、灰色がログイン状況の推移を示している。

株価が上昇すると投資家はひっきりなしにログインをして、
下落すると株価を確認することを避ける傾向にあったという。

保有株の価値を確かめる行動は満足感を得るため。
よって市場全体が上向きになると、保有株もそれに倣っていることを期待し、
逆に下落しているときは、現実から目を背けようとする。

人はネガティブな情報には目をつむり、ポジションな情報を求める傾向にある。

ダチョウ(オーストリッチ)が危機が迫ると、
頭を砂の中に頭を埋めると言われていることから(どうも迷信らしい)、
悪い知らせから目を背ける行動を「オーストリッチ効果」と呼ぶそうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました