奈良・美食探訪2018

この記事は約2分で読めます。

蕎麦懐石「玄」

昨年とても感銘を受けた奈良の蕎麦懐石「」。

その後、何かのテレビ番組で、市川海老蔵(11代目)がここを訪れ、
生前の市川團十郎 (12代目)が認めた2軒のうちの1軒と語っているのを見た。

たしかにその気持ちはよく分かり、京都への旅が目的だったにもかかわらず、
蕎麦懐石をまた食べたいから奈良まで足を延ばすことにしたほど。

ご主人は毎日、石臼を手挽きしながら、その日の感触で、
様々な産地の蕎麦の実を加えて、蕎麦を完成させると教えてくれた。

臼と奈良の出会い

日本史に初めて臼が登場するのは610年。
朝鮮からやってきた僧、曇徴が造った碾磑が日本初では?
という記述が日本書紀に残っている。
ちなみに碾磑(てんがい)とは水力を利用した臼のこと。

また天平時代の姿を今に伝える東大寺の転害門(てがいもん)は、
碾磑門とも呼ばれ、この門の近くに製粉所があったとも言われている。

ゆえに臼の歴史にかかせない奈良でいただく石臼挽きの蕎麦は、
奈良にふさわしい美食なのである。

白(つくも)

続いて「臼」ではなく「」という店名の日本料理屋での昼ご飯。

コース名の「一汁三菜」に似つかわしくない、視覚に訴える素晴らしい料理だった。

後で調べてみると、料理長の西原理人氏は「京都嵐山吉兆」の出身で、
華道や茶道、書道を学び、日本料理に芸術性を追求されている方のようだ。

ちなみに店名の「白」を「つくも」と読ませるのは、
「百」から「一」を取り除いた字が「白」であり「九十九」だから。

完全な「百」ではなく、余白を残すところに日本の美意識があり
それを店名にしてしまうなんて、ここも奈良の旅に欠かせない美食だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました