偶然とリスクの諸相

しあわせのかたち

セレンディピティ(2つの偶然の出会い)

「セレンディピティ ”serendipity”」ってことば、知ってますか? 探しものをしているときに、探している以上のものを発見してしまう。そんなふとした偶然や幸運を自分に引き寄せる能力。それがセレンディピティ。 Wikipediaでは、自...
偶然とリスクの諸相

偶然を運命と感じてしまうのはなぜ?

なぜ私たちは、まぐれを実力と、たまたまを運命と感じてしまうのか?投資の世界ではタレブ氏が、カール・ポパーの哲学などを手に斬り込んだ。もっとおもしろいことになりそうなのが「松岡正剛の千夜千冊・連環篇」。「なぜ人間の歴史は「たまたま」などという...
偶然とリスクの諸相

数学・物理学と経済学の食べ合わせは悪い

昨日の記事を書いたすぐ後に、NHKの特集「マネー資本主義」を見ていたら、またアンドリュー・ロー教授と遭遇。経済学と脳科学との融合を試みている?番組では金融危機に関わった3人が取り上げられていて、比較すると面白い。マイク・オシンスキーさん サ...