明るい未来を思い描いて

株式投資を通じて企業、そして世の中の未来を予想し、何度も裏切られてしまうと、
あまり将来のことを考えても、意味ないんじゃない?感じるかもしれない。
たしかに、将来を精緻に思い描いたからといって、当たるものでもない。
また、あんまり先を見つめても、自分の存在が消えてなくなってしまうから、
人は元々未来を考えるのが好きじゃないし、予想しても当たらないのかも。

でもね、未来にどんな想いを抱くのかって、とても重要だと思うんだ。。
未来に対して、明るい気持ちなのか、暗い気持ちなのか、それによって
日々の姿勢も変わるだろうし、その積み重ねが人の未来を形成するのかも。。
企業に投資するってことは、明るい未来を信じているってことだよね。
投資を続けていれば、気持ちが自然と前を向く。だから投資は楽しい♪