ロシアがNATOを警戒する歴史的背景

この記事は約1分で読めます。

2014年のクリミア危機以来、ふたたびウクライナ周辺が怪しくなってきた。

前回は19世紀のロシアの南下政策を振り返ったりしたが、
もう少し広い範囲でロシア史を眺めてみると、
ロシアは歴史上、何度も本土に攻め込まれてきた。

  • 1605~18年 ロシア・ポーランド戦争
  • 1707~09年 スウェーデン王カール12世のロシア侵攻
  • 1812年 ナポレオンのロシア侵攻
  • 1914年、1941年 二度の世界大戦でドイツ軍のロシア侵攻

だから東欧諸国がEUやNATOに加盟し、
徐々に包囲網が狭まっていくように見える昨今の情勢は、
ロシアの立場になれば、耐えられないほどのストレスに違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました