プーチン、怒りの演説を読む(2007年ミュンヘン安全保障会議)

この記事は約2分で読めます。

ロシアのウクライナ侵略に直面し、これからの世界をどう捉えて、
投資家としてどうあるべきか?と考えようとして頭を抱える。
冷戦後の現代史(とくに外交・国際政治)に関する知識が、
悲しいほどに貧弱でどうにもならない。。。

すでに2007年のミュンヘン安全保障会議において、
プーチンが欧米に対するブチ切れ演説をして話題になっていたらしい。
それが南オセチア(2008年)、クリミア半島(2014年)、
そして今につながっている、とするなら読んでおいた方がよさそうだ。

原文を見つけることができたので、演説からいくつか抜粋すると、

  • 冷戦後アメリカが世界の権威・武力・意思決定の唯一の中心になり、世界の恒久的な平和を脅かしていないか?

  • 主権がアメリカに集中するシステムは民主主義と言えるのか? ロシアは民主主義を教わる立場だが、教える側は自ら学ぼうとしていない。

  • 軍事力の使用は国連の合意によって認められるものではなかったか? NATOやEUも決定権を握っているのはなぜだ?

  • NATO拡大は挑発行為であり、ベルリンの壁に代わる新たな壁を築いているようなものだ。

また演説後の質疑応答も続けて掲載されており、
NATOの拡大は民主主義国家が自ら選んだ道では?という問いに、
欧米の価値観の押し付けに怒りをあらわにしているのが分かる。

  • 外国政府から資金援助を受けたNGOが選挙キャンペーンを行うのは民主主義と言えるのか?

  • ある国家が別の国家に影響を及ぼしている時点でそれは民主主義ではない。

  • ロシアへの信頼を損ない、政治体制を破壊しようとする組織とは断固戦う。これは恐怖政治ではない。

冷戦後、旧共産主義の国の間で、自由主義と民主主義への期待が高まった。
しかし欧米諸国が自国の国益や経済界の利益のために、
その期待をいいように利用し、これらの国々から搾取したのではないか?
というのが、プーチンの怒りの原点ということだろうか。

その後、アメリカ大統領にトランプが現れたように、
自由民主主義も内側から異変が生じ始めている。
冷戦後に唯一、正当なモデルだと自負してしまったことで、
本来の理念や政治・経済の問題の本質と向き合うことをやめてしまったからか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました