内なる貧しさに豊かさがある by エックハルト

この記事は約2分で読めます。

すべてを捨てた先に真の豊かさがある。
そんな教えを説いた一遍上人(1239-89)が現れた鎌倉時代。
ヨーロッパでも同じような思想を持った人物が現れていた。
キリスト教神学者、マイスター・エックハルト(1260-1328) 。

岩波文庫にエックハルトの遺した「説教集」が収められている。
P162から始まる「三つの内なる貧しさについて」を編集すると…

当たり前のことだけど、エックハルトは考える貧しさは、
物を所有することなく文字通り貧しく生きることではない。
彼はこの一般的な考えを「外なる貧しさ」と定義づけ、
目指すべきは「内なる貧しさ」であると説く。
さらに内なる貧しさには次の三段階があり、

  1. 何も意志せず(至高の貧しさ)
  2. 何も知らず(至純の貧しさ)
  3. 何も持たない(極限の貧しさ)

自らの意志や知識、認識にとらわれることなく、
所有のただ中にあって、所有関係から自由であることが、
真の貧しさであり、それが転じて「豊かさ」につながる。

ヨーロッパでは十字軍(1096-1272)をきっかけに交易が栄え、
物々交換経済から貨幣経済へと移行していく。
日本では平清盛(1118-1181)が力を入れた日宋貿易で、
宋銭が大量に流入し、鎌倉時代には貨幣経済社会へと移行する。
時を同じくしてエックハルトや一遍が「捨てる」ことの大切さを説く。

人が生きるために何が必要で何が必要でないのか考えろ!
そんな過去からのメッセージを受け流し、
次から次へと市場に出現する魅力的な商品に飛びつくことで、
経済的な成功を収めてきたのが、これまでの人類史。
ときおり反省しながら、でも世代が変わると忘れてしまうから、
今後もこの路線が大きく変わることはないんだろうな。

でも個人単位なら、なんとかできるかな。
いよいよ来年が、かねてより隠居を宣言している年だから、
きちんと身辺整理を進めていかねば、とちょっとあせってる…

エックハルト説教集 (岩波文庫)
岩波書店
¥972(2019/09/23 07:27時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました