情報開示で見分けるダメな投資信託

この記事は約2分で読めます。

「投信の運用報告書と情報開示のあり方を考える会」がまとめた
投信利用者からの提言~私たちが望む運用報告書とは~」が、
いろいろな立場からの意見が読めておもしろい。

でも私が投資信託と関わりの薄い個人投資家だからかな。
詐欺的要素を感じる販売手法には法規制が必要だけど、
運用報告書は今のままでいいんじゃないかな、と思っちゃう。
ダメな投資信託が分かりやすいから

  •  法律で定められた内容だけの情報開示は×

ロボットの仕事であり、やる気のなさの証。

私は会計事務所で税務申告書を作ったりもしてるんだけど、
法的に義務づけられた最低限で済ませたら中身が空っぽ。
そんな書類は税務署や銀行など第三者から信用されない。
普段からちゃんと税務・会計の指導をしてるんですよ、
って示そうとしたら、法律外の書類の添付が増えるわけで。

本当にお客さんのことを考えていたら、
運用報告書以外にもいろいろな形で情報開示をするはず。
規制や枠組みがない方が個性が出るからいいんじゃない?

  • 運用責任者の顔が見えない情報開示は×

素人でもできる一番簡単な見分け方はこれかな。

投資信託は運用を「信じて託す」金融商品なんだよ。
誰が運用してるか分からない商品なんて信じられないさ。
しかも外部機関に企業評価を委託していたりして、
失敗したときの説明責任をあやふやにしているようにも…。
サラリーマンゆえのプロ意識の欠如が原因なのかもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました