投資環境に薄日が差し始めたよ!

資産運用において、株式にプレミアムがつくのは、みんなが株を保有したがらない時
株式の需要が高まれば、プレミアムが剥げ落ち、リターンは低くなる。
昨年秋ぐらいから、日本株の魅力は徐々に薄れていった。

だが、この1ヶ月で様子が変わってきた。
新興市場を中心にサジを投げて、市場を立ち去る投資家が現れ始めたのだ。
さらなる安売りを期待したい。
これからワールドカップだっていうのに、どっちも目が離せなくなりそう。

価格が下落したときに元気を出し、上昇したときに落胆すべきである
by ウォーレン・バフェット