なぜ企業買収に失敗するのか?/バフェットからの手紙1991

企業の成長と共に、主たる事業で実現できる成長率は、
経済環境(景気やインフレ)、シェア拡大、生産性向上など
を要因にした穏やかなものになっていく。

閉塞感を打破するため、次なる成長の原動力とするため、
企業買収(M&A)って選択肢が取られるけど、失敗も数多い。
基本的には

  • 中核から遠く離れた会社の買収
  • 「熱狂した」市場や業界での取引

を避ければ、そんなにヒドイことにならない印象もある。
でも今、問題になっているカネボウ化粧品は、

  • 粉飾決算を繰り返して消えた不祥事のカネボウ
  • 問題への対応がいつもヘタな花王(例:ヘルシア発がん問題)

の文化遺伝子の組み合わせが良くなかったのでは?
って難しい例もあり、実際にくっついてみなきゃ分からない?
それじゃあギャンブル性が高すぎる。

M&Aで成功している企業で真っ先に思いつくのは、
ウォーレン・バフェットバークシャー・ハサウェイ社。
傘下の保険会社からの保険料収入を元手にM&Aをくり返し、
その企業価値は長期にわたって成長を続けている。
そんなバークシャーの買収条件は下記の通り。

原文(Warren Buffett’s Letters to Berkshire Shareholders 1991

  1. Large purchases (at least $10 million of after-tax earnings).
  2. Demonstrated consistent earning power (future projections are of little interest to us, nor are "turnaround"situations).
  3. Businesses earning good returns on equity while employing little or no debt.
  4. Management in place (we can’t supply it).
  5. Simple businesses (if there’s lots of technology, we won’t understand it).
  6. An offering price (we don’t want to waste our time or that of the seller by talking, even preliminarily, about a transaction when price is unknown).

日本語訳

  1. 少なくとも税引前利益が1,000万ドル以上の大口の買収案件
  2. 安定した収益力の裏づけがある(将来予測や経営再建に興味はない)
  3. 負債がゼロかわずかでROEが高い企業
  4. 適任の経営者がすでにいること(バークシャーは経営者を提供できない)
  5. 単純な事業内容(たくさんの技術を有する会社を理解するのは難しい)
  6. 買収価格が明示されていること(値札のない段階で話すのは時間のムダ)

事業家の視点よりも投資家の視点がM&Aを成功に導くのかな。
ちなみに1996年以前の”Warren Buffett’s Letters”の主要部分は、
日本語訳が出版されているので、関心のある方はぜひ。

バフェットからの手紙 - 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル バフェットからの手紙
(2000/01)
ローレンス A カニンガム、
商品詳細を見る