専門的な知識・経験と無知の知

分かったふりをしている人よりも、自らの無知を自覚し、
知を愛し求め続ける者こそが、本当に知恵のある人間。
ソクラテスの「無知の知」を簡潔に言うとこんなところか。
でもユリウス・カエサルも指摘するとおり、

人間ならば誰にでも現実のすべてがみえるわけではない。多くの人は見たいと欲する現実しか見ていない。

のが人間というもの。
とくに専門的な知識や経験を得ると、この傾向が強くなる。
根拠のない思い込みによって、見たくない現実に目をつぶる。
投資家であれば損切り局面での体験を思い出すだろうし、
3.11以前に「絶対安全」と主張した原発の専門家もこの例だ。

専門的な知識・経験を持つと「無知の知」を失ってしまうのか?

今日、私たちが社会の中で一定の役割を果たしたければ、
何か一つの領域で専門家として成熟することを求められている。
でも何者かになろうと努力した結果、「無知の知」を見失い、
専門家という肩書きの下、世に害悪をもたらしてしまうとしたら…

専門的な知識・経験の罠に陥らないためにはどうすれば?
稀代の勝負師の言葉に救いを求めるならば、

  • どんなときも考え続けること
  • 多分野への好奇心を失わないこと
  • 真実から目をそらさない心の強さを成長させること

といった心がけが大切なんだろうね。

日頃から新しいことに挑戦していれば、認識や感情面の筋肉が鍛えられ、あらゆる点で能力を発揮しやすくなる。…自分の仕事に打ち込むあまり、好奇心にあふれた人間であることをやめてはいけない。私たちの最大の強みは、パターン、方法、情報を吸収して合成する能力である。その能力をわざと抑えてまで焦点を絞りすぎることは、ばかげているだけではない。得られるものもほとんどないのである。」(カスパロフ

経験をつんで選択肢が増えている分だけ、怖いとか、不安だとか、そういう気持ちも増してきている。考える材料が増えれば増えるほど、マイナス面も大きく膨らんで自分の思考を縛ることになる。そういうマイナス面に打ち勝てる理性、自分自身をコントロールする力を同時に成長させていかないと、経験を活かし切るのは難しくなってしまう。」(羽生善治

※関連記事…「考える葦」を文脈から読む-パスカル「パンセ」

参考文献
山川出版社「もういちど読む山川倫理」P22-27
岩波書店「災害に向き合う-高校倫理からの哲学」P79-91
ガルリ・カスパロフ「決定力を鍛える」P325
羽生善治「決断力」P32-33