包丁使いが日本料理の真髄

この記事は約2分で読めます。

海外で「自国をどう伝えるか?」悩み中の日本人が、
帰国の際になぜか私をご指名でお話しすることがちらほら。

今週は新潟県三条市の刃物産業を世界に広めるべく、
ヨーロッパから帰国された経営コンサルトさんのご依頼。
帰国の目的を事前に聞いてなかったので、
あとで包丁について図書館に行ったりして調べてみた。


刃物産業については大阪府堺市の情報が多く、
現在プロの料理人の9割が堺製の包丁を使っているらしい。
堺は歴史上、金属加工技術の優れた都市と言える。
刀鍛冶から戦国時代は鉄砲鍛冶で名をはせて、
それが自転車製造にも受け継がれた。※シマノ本社は堺市

包丁の歴史を探ると、原点は中国古典の「荘子」。
庖丁(ホウテイ)が見事な刀捌きで牛を裁いた逸話があり、
彼の持っていた料理刀が包丁の由来となる。

古来より日本では料理技術のうち、包丁さばきを特に重視し、
料理人を「包丁人」と呼んでいたことからもうかがい知れる。
その背景がどこにあるのか勝手に考えてみると、、、

神社の行事のひとつとして「庖丁式」っていうの知ってる?
日本料理の原型が神様にお供えする「神饌料理」だから、
味付けよりも食材の切り口を美しくすること重要だったのかも。
資料が少なく包丁について調べられたのはこの程度。


オマケで近年、日本の伝統産業が輸出に成功した例は、

伝統工芸の和傘は安価なビニール傘に市場を奪われ、
京都でも残る和傘屋は「日吉屋」たった1つだけ。
ここも一時は潰れそうになるが、

和傘を和風の照明としてデザインし直したり、
骨組みは和傘のままのビニール傘を作ってたりして、
海外からも注目されて復活を果たした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました